2015年

2月

09日

厚労省日報ダイジェスト2月9日(第916報)

2月9日のダイジェストです。

 

【水産物】 2011年の事故後2年ほど、ずっと高い数値が検出されていたダラは、このところ小康状態です。最大値青森県沖2.1Bq/kgでした。 マダラと同様に放射能を蓄え易い魚種であるスズキ宮城、茨城、千葉県沖それぞれで検出が報告されています。茨城県沖では15検体検査された中で6検体が検出限界値未満(不検出)でしたが、残り9検体の中から48Bq/kgと高めの数値も検出されました。魚は個体により汚染状態が違うため、もっと多くの検体を調べるべきと感じます。 淡水魚では、群馬県赤木大沼ワカサギから84Bq/kgが検出されました。海の魚に比べ、ワカサギはここ2~3年、数値はあまり下がっていません。

 

 

 

【農産物】 とても検体数の少ない回でした。原木シイタケは実質、ほぼ栃木県しか測っておらず、18検体のうち4検体から4.5~17Bq/kgの検出報告のみとなっています。その他の栽培キノコ類ではマイタケが、宮城県産8.1Bq/kg、栃木県5.9および11Bq/kgの検出がありました。城県ではソバダイズが多く検査され、ソバ24検体のうち8検体から4.8~76Bq/kg、ダイズ17検体のうち4検体から4.7~17Bq/kgが検出されています。ソバ最大値である76Bq/kg栗原市旧花山村ものです。

 

 

 

【畜産物・乳製品その他】 野生鳥獣肉は宮城県大和町栗原市イノシシから基準値超過が見つかったほか、丸森町でも100Bq/kgと、ほぼ基準値いっぱいのものが見つかっています。牛肉は全国で4886体が検査されましたが、いずれも検出限界値未満の不検出でした。原乳および牛乳からも、検出報告はありません。

 

国立医薬品食品衛生研究所の検査では、東京都産流通品原木シイタから8.2Bq/kgが検出されました。

 

 

 

世田谷こども守る会

 

事務局 堀


厚労省日報ダイジェスト2月9日(第916報)

 

<全国自治体の検査結果>

※ 基準値超過(2件)

No.4302, 4304 :宮城県産イノシシ肉(Cs:230, 250 Bq/kg)

 

【水産物】

青森県・マダラ6検体 うち2件 0.75および2.1Bq/kg

岩手県・マダラ2検体 Ge8.5および9.7Bq/kg未満

宮城県・マダラ5検体 いずれもGe7.6および8.7Bq/kg未満

 

宮城県・スズキ 4.7Bq/kg

茨城県・スズキ15検体 うち9件 2.4~48Bq/kg

千葉県・スズキ 2.1Bq/kg

 

宮城県・ヒラメ2検体 Ge8.1および8.2Bq/kg未満

茨城県・ヒラメ11検体 うち4件 1.1~1.8Bq/kg

 

青森県・その他海産物6検体 いずれもGe0.97~7.2Bq/kg未満

岩手県・その他海産物4検体 いずれもGe8.3~9.3Bq/kg未満

宮城県・その他海産物16検体 いずれもGe・NaI 1.3~13Bq/kg未満

新潟県・その他海産物3検体 いずれもGe7.4~9.1Bq/kg未満

茨城県・その他海産物53検体 うち7件 0.73~5.1Bq/kg

千葉県・その他海産物13検体 うち2件 0.41および1.9Bq/kg

神奈川県・その他海産物5検体 いずれもGe1.9~5.5Bq/kg未満

静岡県御前崎市・シラス 0.086Bq/kg、アジ 0.17Bq/kg

 

青森県東北町(小川原湖)・水産物2検体 Ge9.4および9.9Bq/kg未満

茨城県北茨城市(花園川)・イワナ、ヤマメ Ge6.3および8.5Bq/kg未満

群馬県前橋市(赤木大沼)・ワカサギ 84Bq/kg

 

【農産物】

栃木県・原木シイタケ18検体 うち4件 4.5~17Bq/kg

群馬県渋川市・原木シイタケ Ge18Bq/kg未満

長野県阿南町・原木シイタケ CsI 25Bq/kg未満

 

宮城県・菌床シイタケ3検体 Ge5.5~6.8Bq/kg未満

栃木県・菌床シイタケ6検体 うち3件 7.2~9.3Bq/kg

群馬県・菌床シイタケ3検体 いずれもGe16~18Bq/kg未満

長野県・菌床シイタケ CsI 25Bq/kg未満

 

宮城県・マイタケ 8.1Bq/kg

栃木県・マイタケ2検体 5.9および11Bq/kg

 

宮城県・ソバ24検体 うち8検体 4.8~76Bq/kg

宮城県・ダイズ17検体 うち4件 4.7~17Bq/kg

 

宮城県・流通品コメ(精米) Ge2.8Bq/kg未満

新潟県・流通品コメ(精米)2検体 Ge2.5および8Bq/kg未満

福島県・アサツキ 27Bq/kg

 

【畜産物・乳製品その他】

宮城県大和町・野生イノシシ肉3検体 うち1件基準値超過(230Bq/kg)

 他2件 49および57Bq/kg

宮城県栗原市・野生イノシシ肉 基準値超過(250Bq/kg)

宮城県丸森町・野生イノシシ肉 100Bq/kg

宮城県女川町・野生ニホンジカ肉3検体 うち1件 13Bq/kg

宮城県角田市・野生イノシシ肉2検体 43および52Bq/kg

宮城県石巻市・野生ニホンジカ肉 12Bq/kg

宮城県川崎町・野生イノシシ肉 35Bq/kg

山形県・野生カルガモ肉6検体 うち1件 13Bq/kg

長野県立科町、麻績村、豊丘村、茅野市・野生ニホンジカ肉 6.6~7.4Bq/kg未満

埼玉県本庄市・野生シカ肉 Ge20Bq/kg未満

静岡県伊豆市・野生シカ肉 Ge3.3Bq/kg未満

 

全国・牛肉4886検体 いずれも Ge8.4~CsI、NaI25Bq/kg未満

 

岩手県・原乳12検体 いずれもGe2.2~3.1Bq/kg未満

宮城県・原乳5検体 いずれもGe1.6~2.3Bq/kg未満

新潟県・原乳2検体 Ge5.9および6.5Bq/kg未満

栃木県・原乳3検体 いずれもGe2.4~2.9Bq/kg未満

茨城県・原乳3検体 いずれもGe1.2および1.4Bq/kg未満

神奈川県・原乳 Ge0.39Bq/kg未満

 

<国立医薬品食品衛生研究所の検査結果>

東京都・流通品原木シイタケ 8.2Bq/kg

 

参照:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000073714.html