2014年

11月

17日

厚労省日報ダイジェスト11月17日(第905報)

青森県十和田市の野生ナラタケ30Bq/kgは、Cs134が5Bq/kg未満の不検出ですので、検出は東電事故由来ではなく、チェルノブイリの影響と思われます。

関東の原木シイタケはまだ注意が必要で、千葉県産20検体のうち13検体から、4.1~73Bq/kgが検出されています。また、東北および関東地域の大豆からも検出がみられます。福島県では100Bq/kgを下回った大豆(つまり流通適合品)が多数報告されています。詳しくはフクシマン・マサさんによる「福島日報ダイジェスト12月16日~17日」をご覧ください。

 

世田谷こども守る会

事務局 堀

 

厚労省日報ダイジェスト11月17日(第905報)

 

<全国自治体の検査結果>

※ 基準値超過(12件)

No.3812, 3822, 3826, 3829 :栃木県産イノシシ肉(Cs:110~180 Bq/kg)

No.6908 :山梨県産野生アカモミタケ(Cs:970 Bq/kg)

No.6909 :山梨県産野生カヤタケ(Cs:120 Bq/kg)

No.6912, 6918, 6924 :山梨県産野生シロナメツムタケ(Cs:190~210 Bq/kg)
No.6913, 6919, 6925 :山梨県産野生チャナメツムタケ(Cs:200~210 Bq/kg)

 

【水産物】

北海道・マダラ12検体 うち4件 0.97~1.9Bq/kg

青森県・マダラ10検体 うち5件 0.74~2.9Bq/kg

岩手県・マダラ2検体 Ge7および8.1Bq/kg未満

茨城県・マダラ6検体 うち3件 0.88~19Bq/kg

 

千葉県・スズキ4検体 うち2件 0.71および0.8Bq/kg

東京湾・スズキ Ge1.4Bq/kg未満

神奈川県・スズキ Ge1.8Bq/kg未満

 

青森県・ヒラメ 0.52Bq/kg

岩手県・ヒラメ2検体 Ge9.7および10Bq/kg

宮城県・ヒラメ Ge.5Bq/kg未満

茨城県・ヒラメ2検体 0.49および1.4Bq/kg

 

北海道・その他海産物32検体 いずれもGe0.64~NaI 25Bq/kg未満

青森県・その他海産物26検体 いずれもGe0.86~NaI 25Bq/kg未満

岩手県・その他海産物42検体 いずれもGe0.69~NaI 20Bq/kg未満

宮城県・その他海産物18検体 いずれもGe4.4~NaI 21Bq/kg未満

新潟県・その他海産物2検体 Ge7.7および8.5Bq/kg未満

茨城県・その他海産物27検体 うち5件 0.44~48Bq/kg(クロダイ)

千葉県・その他海産物19検体 うち2件 0.62および0.8Bq/kg

神奈川県・その他海産物2検体 Ge1.7Bq/kg未満

静岡県・シラス 0.047Bq/kg

ノルウェー、アメリカ・タラ2検体 Ge6.0Bq/kg未満

インドネシア・カジキ Ge6.0Bq/kg未満

 

青森県小川原湖・水産物6検体 いずれもGe6.7~12Bq/kg未満

青森県・ワカサギ2検体 Ge15および19Bq/kg未満

新潟県柏崎市・流通品コイ2検体 Ge7.3および8.4Bq/kg未満

茨城県常陸利根川・ウナギ 16Bq/kg

茨城県霞ヶ浦・ウナギ2検体 24および33Bq/kg

茨城県霞ヶ浦・ギンブナ2検体 18および19Bq/kg、シラウオ 13Bq/kg

茨城県・ワカサギ4検体 5.5~16Bq/kg

茨城県稲敷市(小野川)・ギンブナ 59Bq/kg

茨城県北茨城市(花園川)・ヤマメ 38Bq/kg

 

【農産物】

青森県青森市・野生ナラタケ5検体 いずれもGe10Bq/kg未満

青森県十和田市・野生ナラタケ8検体 うち2件 7.1および30Bq/kg

青森県鯵ヶ沢町・野生ナラタケ21検体 うち2件7.9および13Bq/kg

青森県階上町・野生ナラタケ8検体 うち4件 7.2および21Bq/kg

岩手県軽米町・マツタケ 67Bq/kg

岩手県山田町・マツタケ3検体 9.5~23Bq/kg

岩手県宮古市、田野畑村、葛巻町、野田村・マツタケ4検体 9~31Bq/kg

新潟県新発田市・野生ナメコ Ge5.6Bq/kg未満

山梨県富士河口湖町・野生シロナメツムタケ、チャナメツムタケ 基準値超過(200Bq/kg)

山梨県富士河口湖町・野生ナラタケ 12Bq/kg、マツタケ 34Bq/kg

山梨県富士吉田市・野生シロナメツムタケ、チャナメツムタケ 基準値超過(210Bq/kg)

山梨県富士吉田市・野生カヤタケ、アカモミタケ 基準値超過(120Bq/kg、970Bq/kg)

山梨県富士吉田市・マツタケ 9.7Bq/kg、 クロカワ 45Bq/kg

山梨県富士吉田市・ハナイグチ2検体 29および39Bq/kg

山梨県鳴沢村・野生シロナメツムタケ、チャナメツムタケ 基準値超過(190、210Bq/kg

山梨県鳴沢村・野生コガネタケ、ナラタケ 11および20Bq/kg

山梨県鳴沢村・マツタケ 49Bq/kg、ハナイグチ 58Bq/kg

秋田県由利本荘市・流通品ナラタケ 6.8Bq/kg

 

北海道・流通品コメ15検体 いずれもGe1.0~6.0Bq/kg未満

岩手県・流通品コメ(精米)2検体 Ge2.4Bq/kg未満

宮城県・流通品コメ3検体 いずれもGe0.9~6.0Bq/kg未満

秋田県・流通品コメ7検体 いずれもGe0.9~6.0Bq/kg未満

山形県・流通品コメ5検体 いずれもGe6.0Bq/kg未満

新潟県・流通品コメ5検体 いずれもGe0.9~6.0Bq/kg未満

福島県・流通品コメ(精米) 0.63Bq/kg

茨城県・流通品コメ16検体 いずれもGe1.0~6.0Bq/kg未満

埼玉県・流通品コメ Ge6.0Bq/kg未満

千葉県・流通品コメ8検体 いずれもGe0.8~6.0Bq/kg未満

岐阜県、滋賀県・流通品コメ2検体 Ge6.0Bq/kg未満

石川県、島根県・流通品コメ2検体 Ge1.0および6.0Bq/kg未満

高知県・流通品コメ2検体 Ge6.0Bq/kg未満

 

新潟県関川村・菌床シイタケ Ge5.8Bq/kg未満

栃木県・菌床シイタケ4検体 すべて3.8~11Bq/kg

群馬県・菌床シイタケ2検体 Ge17および18Bq/kg未満

 

新潟県佐渡市・原木シイタケ Ge3.4Bq/kg未満

群馬県・原木シイタケ2検体 うち1件 25Bq/kg

栃木県・原木シイタケ23検体 うち10件 3.5~11Bq/kg

千葉県・原木シイタケ20検体 うち13件 4.1~73Bq/kg

神奈川県平塚市・原木シイタケ 16Bq/kg

 

栃木県・マイタケ 7.4Bq/kg

栃木県・ヒラタケ4検体 うち2件 8.1および25Bq/kg

千葉県・原木ヒラタケ2検体 うち1件 21Bq/kg

千葉県木更津市・路地栽培ナメコ 22Bq/kg

 

青森県五所川原市・ソバ Ge10Bq/kg未満

秋田県北秋田市・ソバ Ge1.6Bq/kg未満

岩手県・ソバ12検体 いずれもGe7.9~10Bq/kg未満

新潟県・ソバ5検体 いずれもGe6.4~9.6Bq/kg未満

群馬県・ソバ5検体 いずれもGe7.4~9.9Bq/kg未満

栃木県・秋ソバ11検体 うち3件(日光市) 3.6~4.4Bq/kg

長野県・ソバ3検体 いずれもGe8.2~9.8Bq/kg未満

山梨県・ソバGe2.5Bq/kg未満

 

北海道・流通品ダイズ3検体 いずれもGe6.0Bq/kg未満

岩手県・ダイズ19検体 うち3件(一関市) 5.7~17Bq/kg

秋田県・ダイズ6検体 うち1件(潟上市) 0.99Bq/kg

新潟県・ダイズ4検体 いずれもGe6.2~7.4Bq/kg未満

群馬県・ダイズ4検体 うち1件(東吾妻町) 5.4Bq/kg

茨城県・ダイズ4検体 いずれもGe7.6~8.8Bq/kg

山梨県北杜市・ダイズ Ge2.8Bq/kg未満

 

福島県・流通品ブドウ 6Bq/kg

産地不明・流通品ムギ4検体 いずれもGe1.7~1.9Bq/kg未満

福島県・流通品サツマイモ3検体 いずれもGe14~18Bq/kg未満

茨城県・流通品サツマイモ3検体 うち2件 3.1および6.2Bq/kg

千葉県・流通品サツマイモ NaI 4.7Bq/kg未満

 

【畜産物・乳製品その他】

新潟県妙高市、五泉市・野生ツキノワグマ5検体 うち2件 ともに3.8Bq/kg

栃木県那珂川町・野生イノシシ23検体 うち4件基準値超過(最大180Bq/kg)

 他すべて9~90Bq/kg

千葉県大多喜町・野生イノシシ2検体 NaI 15Bq/kg未満

 

岩手県・牛肉512検体 うち2件 10および13Bq/kg

 

岩手県・原乳12検体 いずれもGe2.3~2.9Bq/kg未満

岩手県・流通品牛乳3検体 うち1件 0.88Bq/kg

 

<国立医薬品食品衛生研究所の検査結果>

山梨県・流通品クロカワ塩蔵 43Bq/kg

山梨県・流通品サクラシメジ塩蔵 58Bq/kg

参照:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000065505.html