厚労省日報ダイジェスト4月14日・15日(第865・866報)

 4月14日は基準値超過はありませんでした。茨城県では海産物の検査

 

が広範囲に行われました。イカナゴ稚魚およびシラス4検体はいずれ

 

0.67~1.0Bq/kg未満の不検出でしたが、マダラ8検体すべて0.89~

 

17Bq/kg、スズキ4検体も4.3~16Bq/kgが検出されました。この日の

 

最大値はコモンカスベ29Bq/kgでした。

 

 

 

続いて4月15日は、岩手県牛肉273検体のうち1検体から13Bq/kg

 

の検出がありました。新潟県では五泉市および十日町市野生

 

ツキノワグマ肉から11および21Bq/kgが検出されています。流通品

 

は、岩手県牛乳から0.9Bq/kg、茨城県レンコンから17Bq/kgの検出が

 

報告されました。

 

なお、文末リンク厚労省日報の検体通し番号2399番からは目黒区の

 

NaIによる流通品検査の結果が掲載されていますが、2755番の千葉県

 

産ニンジン9.8Bq/kgの検出は、Cs-134および137がそれぞれ

 

4.8、5.0未満となっていますので、<の付け忘れによる誤記と思われます。

 

 

 

 

厚労省日報ダイジェスト4月14日(第865報)

 

 

 

  • 基準値超過なし

    茨城県・イカナゴ稚魚(コウナゴ)4検体 いずれもGe0.67~1.0Bq/kg未満

    茨城県大洗町沖・シラス Ge1.1Bq/kg未満

    茨城県・マダラ8検体 すべて0.89~17Bq/kg

    茨城県・スズキ4検体 すべて4.3~16Bq/kg

    茨城県・ヒラメ7検体 うち4件 0.75~3.4Bq/kg

    茨城県・コモンカスベ4検体 うち1件 29Bq/kg

    茨城県・その他海魚40検体 うち9件 2.6~11Bq/kg

    参照: http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000043595.html

     

     

    厚労省日報ダイジェスト4月15日(第866報)

     

  • 基準値超過なし

    岩手県・牛肉273検体 うち1件 13Bq/kg

    岩手県・流通品牛乳 0.9Bq/kg

    神奈川県平塚市・タケノコ 4.6Bq/kg

    新潟県五泉市/十日町市・ツキノワグマ肉 11および21Bq/kg

    茨城県・流通品レンコン 17Bq/kg

    参照:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000043710.html