厚労省日報ダイジェスト3月12日(第843報)

3月12日は、茨城県沖スズキ3検体のうち1検体から基準値

超過(180Bq/kg)が見つかりました。他の2検体は9.8および10

Bq/kgでしたので、マダラ、スズキ、クロダイなどこれまでに基準値

超過の見つかっている「数値の高い傾向にある魚」については、

引続き注意をしたほうがよいでしょう。その他では、宮城県、茨城県

ともに、小魚であるイカナゴから1Bq/kgほどの検出が報告されて

おり、佃煮などでの食用や、食物連鎖によって徐々に大型魚に蓄

積されていくことなどが懸念されます。汚染水の問題は現在進行形

ですので、今後も海産物の傾向に注視していかなくてはなりません。

 

厚労省日報ダイジェスト3月12日(第843報)

 

※ 基準値超過(1件)

No.174 :茨城県産スズキ(Cs:180 Bq/kg)

 

宮城県仙台市(新川)・イワナ 13Bq/kg

宮城県・マダラ3検体 うち1件 10Bq/kg

宮城県・スズキ 14Bq/kg

宮城県・イカナゴ 1.2Bq/kg

宮城県川崎町釜房湖・ワカサギ Ge9.1Bq/kg未満

宮城県・その他天然海魚9検体 いずれもGe0.84~13Bq/kg未満

茨城県・イカナゴ(コウナゴ)2検体 うち1件 1.1Bq/kg

茨城県・カタクチイワシ Ge3.6Bq/kg未満

茨城県・アカエイ 20Bq/kg

茨城県・スズキ3検体 うち1件基準値超過(180Bq/kg)

 他2件 9.8および10Bq/kg

茨城県・マダラ8検体 うち5件 4.6~20Bq/kg

茨城県・コモンカスベ 42Bq/kg

茨城県・その他海産物43検体 うち20件 0.85~13Bq/kg

茨城県花園川(水沼ダム上流)・ヤマメ 64Bq/kg

群馬県・CS原乳3検体 いずれもGe1.7~1.9Bq/kg未満

岩手県・流通品マダラ 7.2Bq/kg

福島県・流通品コメ Ge1.1Bq/kg未満

 

参照:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000040139.html