厚労省日報ダイジェスト1月29日(第814報)

1月29日は基準値超過はありませんでした。宮城県では原木

シイタケ3検体のうち2検体から14および30Bq/kg茨城県

河内町では大豆7検体のうち1検体から4.8Bq/kgが検出されま

した。海産物ではスズキ宮城県沖14Bq/kg茨城県沖のもの

22Bq/kgマダラ宮城県茨城県共に最大でも10Bq/kg以下

の値でしたが、流通品では宮城県産2検体から2.9および

12Bq/kg岩手県産切り身からは2.6Bq/kgが検出されています。

国立医薬品食品衛生研究所の流通品検査では、千葉県産大豆

から9.3Bq/kgの検出が報告されました。ベビーフード20検体

いずれもGe2.8~4.9Bq/kg未満の不検出です。

 

厚労省日報ダイジェストの福島県版によりますと、福島県の大豆

を始めとする農産物は、農地の土壌をひっくり返す反転耕という

措置により数値が大幅に下がり、検出限界値未満となる作物が

増えている一方で、これまで基準値超過により出荷制限となって

いた作物もまた、基準値以下となって静かに流通を始めていると

のことです。全国自治体や国立医薬品食品衛生研究所などの

流通品検査の結果を、注意深く見守りたいと思います。

 

 

 

厚労省日報ダイジェスト1月29日(第814報)

 

全国自治体検査結果

※基準値超過なし

岩手県・原乳12検体 いずれもGe2.3~3.1Bq/kg未満

宮城県・原木シイタケ3検体 うち2件 14および30Bq/kg

宮城県・マダラ2検体 1.1および6.6Bq/kg

宮城県・スズキ 14Bq/kg

茨城県河内町・ダイズ7検体 うち1件 4.8Bq/kg

茨城県・カタクチイワシ(カエリ) NaI 25Bq/kg未満

茨城県・シラウオ(イシカワシラウオ)4検体 いずれもNaI 25Bq/kg未満

茨城県・シラス NaI 25Bq/kg未満

茨城県・コモンカスベ4検体 うち2件 4.6および31Bq/kg

茨城県日立沖・スズキ 22Bq/kg

茨城県・マダラ6検体 うち2件 4.4および9.9Bq/kg

茨城県・その他海産物43検体 うち10件 2.6~11Bq/kg

青森県・マダラGe2.4Bq/kg未満

宮城県・流通品マダラ2検体 2.9および12Bq/kg

岩手県・流通品マダラ切り身2.6Bq/kg

 

国立医薬品食品衛生研究所検査結果

※基準値超過なし

千葉県・流通品大豆 9.3Bq/kg

流通品ベビーフード20検体 いずれもGe2.8~4.9Bq/kg未満

参照:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000036101.html