2013年

12月

27日

厚労省日報ダイジェスト12月27日(第797報)

12月27日は、群馬県前橋市、高崎市および片品村野生ニホン

ジカ肉10検体から、最大で320Bq/kg東吾妻市および みどり市

ツキノワグマ肉から最大260Bq/kgの検出が報告されました。

海産物の数値は低めで、最大値は千葉県銚子・九十九里沖

スズキ 16Bq/kgでした。また、この日は原木シイタケの検査結果

が秋田、栃木、埼玉、千葉の4県から報告されました。最も検体数

の多かった千葉県では、最大で70Bq/kgが検出されています。

流通品では、茨城県レンコン10Bq/kg、ワカサ20Bq/kg、福島

ソバの実2.8Bq/kg、福島県いわき市1Bq/kgの他、産地

記載のないメヒカリから揚げ8.6Bq/kg、ハチミツ 2.2Bq/kg、イノシシ肉

5.1Bq/kgなども報告されています。

国立医薬品食品衛生研究所の検査結果では、基準値超過および

検出はありませんでした。

 

厚労省日報ダイジェスト12月27日(第797報)

 

全国自治体検査結果

※ 基準値超過(12件)

No.728 ~732、737、738、741、742、744:群馬県産ニホンジカ(Cs:120~320 Bq/kg)

No.735 、747:群馬県産ツキノワグマ(Cs:260、360 Bq/kg)

北海道・マダラ5検体 うち3件 2.9~4.4Bq/kg

北海道釧路十勝沖・ケガニ Ge1.1Bq/kg未満

青森県・マダラ3検体 すべて5.7~7.6Bq/kg

青森県・マダラ精巣2検体 うち1件 4.8Bq/kg

岩手県・原乳12検体 いずれもGe2.2~3.0Bq/kg未満

岩手県・マダラ3検体 うち1件 7.7Bq/kg

岩手県・ウグイ10検体 うち6件 4.2~9.3Bq/kg

宮城県・原乳5検体 いずれもGe1.9~2.3Bq/kg未満

宮城県南三陸町・菌床シイタケ2検体 Ge5.7および7.1Bq/kg未満

宮城県岩沼市二の倉沖・スズキ 8.8Bq/kg、 ヒラメ 1.9Bq/kg

秋田県仙北市・原木シイタケ 10Bq/kg

秋田県・CS原乳2検体 Ge0.87および1.1Bq/kg未満

秋田県男鹿市船川沖・マダラ Ge1.3Bq/kg未満

茨城県・CS原乳3検体 いずれもGe1.2および1.3Bq/kg未満

栃木県・原木シイタケ7検体 うち4件 18~41Bq/kg

栃木県・菌床シイタケ8検体 うち5件 3~17Bq/kg

栃木県・菌床ヒラタケ3検体 すべて3.9~13Bq/kg

栃木県・菌床ナメコ3検体 すべて3.1~16Bq/kg

栃木県・菌床マイタケ2検体 4および6.4Bq/kg

栃木県那須塩原市・ワサビ2検体 Ge4.4および13Bq/kg未満

群馬県前橋市/高崎市・野生ニホンジカ肉5検体 すべて基準値超過(最大320Bq/kg)

群馬県片品村・野生ニホンジカ肉10検体 うち5件基準値超過(最大140Bq/kg)

 他すべて45~86Bq/kg

群馬県安中市・野生イノシシ肉2検体 17および98Bq/kg

群馬県東吾妻市/みどり市・野生ツキノワグマ肉 基準値超過(260および360Bq/kg)

埼玉県・原木シイタケ3検体 すべて11~20Bq/kg

埼玉県秩父市・菌床シイタケ Ge12.5Bq/kg未満

千葉県・菌床シイタケ 6.4Bq/kg

千葉県・原木シイタケ15検体 すべて7.7~70Bq/kg

千葉県木更津市・タケノコ2検体 13および14Bq/kg

千葉県銚子/九十九里沖 海産物7検体 うち3件 0.43~16Bq/kg

日立/鹿島沖・ マイワシ Ge0.91Bq/kg未満

茨城県・流通品レンコン 10Bq/kg

茨城県・流通品ワカサギ 20Bq/kg

山形県・菌床シイタケ 9.1Bq/kg

産地記載なし・流通品メヒカリから揚げ 8.6Bq/kg

産地記載なし・流通品ハチミツ 2.2Bq/kg

福島県いわき市・流通品玄米 1Bq/kg

福島県・流通品ソバの実 2.8Bq/kg

産地記載なし・流通品イノシシ肉 5.1Bq/kg

新潟県村上市・ツキノワグマ肉 7.1Bq/kg

 

国立医薬品食品衛生研究所検査結果

※基準値超過および検出なし

参照:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000033943.html