2013年

12月

13日

厚労省日報ダイジェスト12月13日・16日(第788・789報)

12月13日は基準値超過はなく、北海道、宮城県、岩手県

で検査されたマダラも、この日の最大値11Bq/kgと低めの値で

した。千葉県九十九里沖ではスズキ17Bq/kgが報告されています。

一方、原木シイタケは依然数値が高く、栃木県では28および

41Bq/kg千葉県では6~38Bq/kgが検出されています。流通品

では、宮城県産ヒラメ6.8Bq/kg山形県産干し柿0.8Bq/kg、

茨城県産サツマイモ2.5Bq/kgなどが報告されています。

 

続いて12月16日は、同じく基準値超過はありませんでした。

青森県では定期的にマダラを身、卵巣、精巣の部位に分けて検査

をしていますが、この日も身の部分からは3.5~13Bq/kg卵巣

らは検出なし精巣1検体から9.2Bq/kgの検出が報告されて

います。宮城県では大豆12検体のうち7検体から5.4~16Bq/kg

が検出されました。千葉県市川市ではユズ3検体すべてから

7.4~12Bq/kgが検出、外房沖キンメダイは、変わらず0.5Bq/kg

前後の検出です。流通品では、新潟県で九州産原木干しシイタケ

乾燥状態のまま検査されましたが、結果は8.7Bq/kg未満の不検出

と、嬉しい結果です。

 

厚労省日報ダイジェスト12月13日(第788報)

 

※基準値超過なし

北海道・マダラ4検体 うち2件 2.2および3.1Bq/kg

岩手県・秋サケ4検体 いずれもGe0.89~8.1Bq/kg未満

岩手県・秋サケ卵巣3検体 いずれもGe7.9~8.5Bq/kg未満

岩手県・マダラ12検体 うち10件 0.58~11Bq/kg

岩手県・その他海産物29検体 いずれもGe0.97~12Bq/kg未満

岩手県・大豆16検体 うち6件 4.2~18Bq/kg

岩手県・菌床シイタケ3検体 16および18Bq/kg未満

宮城県・牛肉1552検体 うち3件 25~38Bq/kg

宮城県・マダラ2検体 0.83および3.3Bq/kg

宮城県・ヒラメ2検体 0.52および2Bq/kg

宮城県・その他海産物18検体 うち2件 0.56および5.9Bq/kg

栃木県塩谷町・クチナシ(実) 47Bq/kg

栃木県・CS原乳3検体 いずれもGe2.4~3.0Bq/kg未満

栃木県足利市・大豆3検体 いずれもGe7.1~9.4Bq/kg未満

栃木県・原木シイタケ2検体 28および41Bq/kg

栃木県・菌床シイタケ3検体 うち2件 4および8.8Bq/kg

栃木県・菌床ヒラタケ 4.8Bq/kg

宮城県・流通品ヒラメ 6.8Bq/kg

千葉県・原木シイタケ12検体 すべて6~38Bq/kg

千葉県銚子/九十九里沖・スズキ 17Bq/kg

その他海産物4検体 うち2件 0.42および0.69Bq/kg

山形県・流通品干し柿 0.8Bq/kg

茨城県・流通品サツマイモ 2.5Bq/kg

山梨県・流通品ワイン4検体 いずれもGe5.3~7.4Bq/kg未満

参照:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000032223.html

 

 

厚労省日報ダイジェスト12月16日(第789報)

 

※基準値超過なし

青森県・マダラ3検体 すべて3.5~13Bq/kg

青森県・マダラ(精巣) 9.2Bq/kg

宮城県・大豆12検体 うち7件 5.4~16Bq/kg

茨城県・みそ4検体 いずれもGe5.5~6.5Bq/kg未満

埼玉県・CS原乳2検体 Ge0.36および0.53Bq/kg未満

埼玉県ときがわ町・野生イノシシ肉 24Bq/kg

千葉県市川市・ユズ3検体 すべて7.4~12Bq/kg

千葉県・大豆6検体 いずれもGe16~18Bq/kg未満

千葉県御宿町(外房沖)・キンメダイ 0.46Bq/kg

日立鹿島沖・ブリ(ワラサ) 1.6Bq/kg

九州産・乾シイタケ(原木、乾燥状態で検査) Ge8.7Bq/kg未満

参照:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000032378.html