2013年

11月

29日

厚労省日報ダイジェスト11月29日(第778報)

11月29日は、80ページを超える大ボリュームでした。基準値超過

は、宮城県栗原市野生ハイイロシメジ(1700Bq/kg)群馬県

赤木大沼ワカサギ120Bq/kg)、同県産野生ニホンジカ最大

220Bq/kg・前橋市)、桐生市野生イノシシ(170Bq/kg)でした。

岩手県では大豆54検体のうち7検体から4.1~22Bq/kgが検出

されました。栃木県産大豆14検体のうち3検体から、最大

10Bq/kgの検出です。同じく栃木県ではキノコ類が多く検査され、

原木シイタケ最大36Bq/kg、菌床マイタケ15Bq/kgなどが検出さ

れています。埼玉県では、原木シイタケから41Bq/kgが検出され

ました。流通品は、茨城県産キクラゲ6.6Bq/kg、レンコン8Bq/kg

等が報告されています。

 

厚労省日報ダイジェスト11月29日(第778報)

 

※ 基準値超過(8件)

    No.1,190 :宮城県産灰色シメジ (Cs:1,700 Bq/kg)
    No.1,506:群馬県産ワカサギ (Cs:120 Bq/kg)
    No.1,508~1,521、1,526:群馬県産ニホンジカ(5) 

      (Cs:220 Bq/kg、170 Bq/kg、180 Bq/kg、160 Bq/kg、110 Bq/kg)

 No.1,525 :群馬県産イノシシ (Cs: 170 Bq/kg)

 

岩手県・マダラ10検体 うち8件 1.1~9.1Bq/kg

岩手県・その他海産物31検体 いずれもGe0.69~13Bq/kg未満

岩手県花巻市・ウグイ3検体 いずれもGe0.73~12Bq/kg未満

岩手県・大豆54検体 うち7件 4.1~22Bq/kg

宮城県・牛肉1147検体 うち3件 29および33Bq/kg

宮城県大河原町・ユズ 22Bq/kg

宮城県栗原市・野生ハイイロシメジ 基準値超過(1700Bq/kg)

宮城県・大豆14検体 うち1件 5.2Bq/kg

宮城県・ソバ11検体 うち3件 7.3~8.2Bq/kg

茨城県・流通品キクラゲ 6.6Bq/kg

宮城県・流通品牛乳 Ge1.3Bq/kg未満

栃木県塩谷町・小豆 12Bq/kg

栃木県大田原市・インゲンマメ 7.3Bq/kg

栃木県・干し柿5検体 うち2件 6.3および14Bq/kg

栃木県・CS原乳3検体 いずれもGe3.3~3.9Bq/kg未満

栃木県日光市/塩谷町・秋ソバ28検体 うち12件 3.5~9.7Bq/kg

栃木県・大豆14検体 うち3件 5.3~10Bq/kg

栃木県・原木シイタケ7検体 うち5件 11~36Bq/kg

栃木県・菌床シイタケ8検体 うち7件 4.2~10Bq/kg

栃木県・菌床ナメコ2検体 5.4および6.7Bq/kg

栃木県・菌床マイタケ2検体 14および15Bq/kg

群馬県中之条町・ウグイ Ge9.2Bq/kg未満

群馬県赤木大沼・ワカサギ 基準値超過(120Bq/kg)

群馬県・野生ニホンジカ14検体 うち5件基準値超過(最大220Bq/kg)

 他8件 13~98Bq/kg

群馬県桐生市・野生イノシシ3検体 18~94Bq/kg

埼玉県・ダイズ11検体 いずれもGe6.8~8.7Bq/kg未満

埼玉県・ソバ8検体 いずれもGe7.6~10Bq/kg未満

埼玉県・原木シイタケ7検体 すべて6.7~41Bq/kg

埼玉県秩父市・野生シカ 13Bq/kg

千葉県・原木シイタケ15検体 すべて1.4~78Bq/kg

千葉県・ユズ4検体 うち1件 8.1Bq/kg

千葉県・ダイズ21検体 うち2件 13および16Bq/kg

山梨県北杜市・菌床シイタケ 6.1Bq/kg

茨城県・流通品レンコン 8.0Bq/kg

参照:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000031014.html