厚労省日報ダイジェスト10月17日(第748報)

10月17日は、基準値超過はありませんでした。

水産物では千葉県および東京都ウナギ22検体の検査が行われ

ました。最大値千葉県利根川74Bq/kgで、東京都ウナギ

18検体のうちちょうど9検体から2.6~8.7Bq/kgが検出されています。

流通品では、札幌市が検査した東京および茨城県産クリからそれぞれ

6Bq/kg弱が検出されたほか、茨城県産レンコン7.3Bq/kg岩手県産

牛乳1.4Bq/kg群馬県産キャベツ0.52Bq/kgなどの検出が報告されま

した。

 

厚労省日報ダイジェスト10月17日(第748報)

 

※基準値超過なし

 

東京都・流通品クリ 5.7Bq/kg

宮城県・流通品クリ 5.6Bq/kg

青森県・マダラ3検体 1.5~3.4Bq/kg

福島県郡山市・サツマイモ 10Bq/kg

茨城県・流通品レンコン 7.3Bq/kg

茨城県堺町・秋冬番茶3検体(飲用状態) いずれもGe0.66~0.97Bq/kg未満

栃木県日光市・イワナ7検体 うち3件 3.1~8.8Bq/kg

群馬県高崎市・菌床シイタケ2検体 うち1件 7Bq/kg

千葉県印旛沼・ニホンウナギ 36Bq/kg、 コイ 44Bq/kg

千葉県利根川・ニホンウナギ3検体 うち2件 36Bq/kgおよび74Bq/kg

千葉県外房沖・カツオ 0.41Bq/kg

東京都江戸川区・ウナギ18検体 うち9件 2.6~8.7Bq/kg

岩手県・流通品牛乳 1.4Bq/kg

新潟県上越市・露地原木シイタケ 5.1Bq/kg

群馬県・流通品キャベツ 0.52Bq/kg

 

参照:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000026706.html