2013年

10月

15日

厚労省日報ダイジェスト10月15日・16日(第746・747報)

10月15日は基準値超過はありませんでした。青森県十和田市では

野生ナラタケ12検体のうち5検体から、最大で40Bq/kgが検出され

ました。千葉県鎌ヶ谷市クリからは31Bq/kgが検出されています。

水産物では東京都江戸川区ウナギ18検体のうち9検体から、

最大17Bq/kgが検出されました。

また、この日は国立医薬品食品衛生研究所より、流通品群馬県産

原木シイタケ20Bq/kgおよびマイタケ9.5Bq/kgが報告されています。

 

続いて10月16日は、茨城県野生イノシシ7検体から、最大

250Bq/kg(北茨城市)が報告されました。基準値を超えていない検体

にも100Bq/kgのものが含まれます。

宮城県では白石市のものを中心にコメ124件が検査され、いずれも

6.3~9.8Bq/kg未満の不検出でした。

海産物では宮城県沖クロダイから52Bq/kg茨城県沖イシガレイから

46Bq/kgと、やや高めの数値が見られました。

厚労省日報ダイジェスト10月15日(第746報)

 

※基準値超過なし

青森県十和田市・野生ナラタケ12検体 うち5件 6~40Bq/kg

千葉県鎌ヶ谷市・クリ 31Bq/kg

千葉県外房沖・キンメダイ 0.9Bq/kg

千葉県銚子市(日立・鹿島沖)・ブリ 0.49Bq/kg

東京都江戸川区・ウナギ18検体 うち9件 5.9~17Bq/kg

東京都・原木シイタケ2検体 うち1件 7.2Bq/kg

 

国立医薬品食品衛生研究所検査結果

 

※基準値超過なし

群馬県・流通品原木シイタケ 20Bq/kg

群馬県・流通品マイタケ 9.5Bq/kg

参照:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000026247.html

 

 

厚労省日報ダイジェスト10月16日(第747報)

 

※ 基準値超過(7件)

No.390 茨城県産イノシシ肉 (Cs:180 Bq/kg)
No.391 茨城県産イノシシ肉 (Cs:130 Bq/kg)
No.395 茨城県産イノシシ肉 (Cs:120 Bq/kg)
No.397 茨城県産イノシシ肉 (Cs:140 Bq/kg)
No.398 茨城県産イノシシ肉 (Cs:250 Bq/kg)
No.404 茨城県産イノシシ肉 (Cs:140 Bq/kg)
No.414 茨城県産イノシシ肉 (Cs:110 Bq/kg)

青森県・マダラ4検体 すべて1.2~6.8Bq/kg

青森県五所川原市・野生ナラタケ 12Bq/kg

岩手県・大豆9検体 うち3件 5.3~20Bq/kg

岩手県・原木シイタケ4検体 うち1件 21Bq/kg

宮城県栗原市・野生ナラタケモドキ 96Bq/kg

宮城県・スズキ 20Bq/kg

宮城県・クロダイ 52Bq/kg

宮城県・ヒラメ2検体 3および6.8Bq/kg

宮城県白石川・アユ3検体 すべて17~27Bq/kg

宮城県・コメ124検体 いずれもGe6.3~9.8Bq/kg未満

茨城県・イノシシ肉27検体 うち7件基準値超過(最大250Bq/kg)

 他すべて11~100Bq/kg

茨城県・マダラ6検体 すべて6.8~18Bq/kg

茨城県・ヒラメ6検体 うち3件 2.2~8.0Bq/kg

茨城県・スズキ 15Bq/kg

茨城県・その他海産物34検体 うち9件 2~46Bq/kg

茨城県霞ヶ浦・水産物 40および68Bq/kg

群馬県・CS原乳3検体 1.5および1.9Bq/kg未満

千葉県・スズキ 1.3Bq/kg

茨城県笠間市・菌床マイタケ2検体 1.6および9.4Bq/kg

参照:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000026431.html