厚労省日報ダイジェスト9月11日・12日(第725・726報)

9月11日は宮城県の海産物が小規模で行われ、ヒラメから

最大7.7Bq/kgスズキから最大17Bq/kgが検出されました。

穀物では宮城・山形・新潟県コメ小麦などが検査されまし

たが、いずれもゲルマニウム検出器にて、6.5~12Bq/kg未満

の不検出です。流通品では、東大阪市が行った検査にて茨城

県産レンコンから8Bq/kgが検出されています。

 

続いて9月12日は、栃木県川魚18検体のうち7検体から

最大で20Bq/kgが検出されました。群馬県では原木シイタケ

6検体のうち4検体から10~39Bq/kgが検出されました。

シイタケは18Bq/kg未満の不検出でしたが、前出の39Bq/kg

の原木シイタケと共に、産地は高崎市となっています。

シイタケに関しては、原木・菌床などの栽培方法や地域など、

消費者が読み取れる情報からは傾向が掴み難く、悩ましい食材

です。

 

厚労省日報ダイジェスト9月11日(第725報)

 

※基準値超過なし

岩手県一戸町・野生ナラタケ 38Bq/kg

宮城県・ヒラメ2検体 2.6および7.7Bq/kg

宮城県・スズキ2検体 13および17Bq/kg

宮城県・チダイ 4.2Bq/kg

宮城県・小麦12検体 いずれもGe9.7~12Bq/kg未満

宮城県・コメ12検体 いずれもGe8.7~9.4Bq/kg未満

山形県・コメ64検体 いずれもGe7.0~10Bq/kg未満

新潟県・ゲンマイ4検体 いずれもGe6.5~7.2Bq/kg未満

茨城県・流通品レンコン 8Bq/kg

参照:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000022730.html

 

厚労省日報ダイジェスト9月12日(第726報)

 

※基準値超過なし

栃木県・渓流魚18検体 うち7件 9.4~20Bq/kg

群馬県・CS原乳5検体 いずれもGe1.9および2.0Bq/kg未満

群馬県・原木シイタケ6検体 うち4件 10~39Bq/kg

群馬県高崎市・乾シイタケ Ge18Bq/kg未満

宮城県三陸南部沖・流通品ヌマガレイ 21Bq/kg

千葉県銚子市(利根川)・スズキ 20Bq/kg

東京都江戸川区・ウナギ18検体 うち7件 2.8~11.8Bq/kg

参照:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000022836.html