2013年

8月

14日

厚労省日報ダイジェスト8月14日・15日(第705・706報)

8月14日は、宮城県の海産物の測定報告があり、スズキ

ヒラメから、最大で36Bq/kgおよび28Bq/kgが検出されまし

た。福島県いわき市流通していた糠床用のいりぬかからは

7Bq/kgが検出されています。この日検出された数値はさほど

高くはありませんが、糠に含まれる放射性物質は、半分以上が

糠漬けにした食品へ移行したという実験結果もありますので、

糠床に用いる際には原料の安全を確認したほうがよいでしょう。

また、千葉県産マイワシ丸干しからは13Bq/kgが検出されまし

た。干物は濃縮されるため、数値が高くなる傾向にあります。

 

続いて8月15日は、岩手県産牛肉178検体のうち1件から

48Bq/kgが検出されました。千葉県江戸川ニホンウナギから

43および92Bq/kgが検出されています。これらは今年6月

から出荷停止措置がとられていますが、本来なら貴重な国産品

であるだけに、とても残念です。

文末参照リンクの厚労省日報の検体通し番号1199からは、

横浜市による流通品のゲルマニウム測定結果が報告されていま

す。身近な品目が多いので、日頃のお買い物の参考になるかと

思います。

 

厚労省日報ダイジェスト8月14日(第705報)

 

※基準値超過なし

 

宮城県・スズキ6検体 すべて9.9~36Bq/kg

宮城県・ヒラメ7検体 うち5件 3.6~28Bq/kg

宮城県・その他海産物20検体 うち8件 0.62~13Bq/kg

福島県いわき市・流通品いりぬか(糠床用) 7Bq/kg

岩手県・流通品ブリ 1.7Bq/kg

岩手県・流通品牛乳4検体 うち2件 1および1.2Bq/kg

千葉県・流通品マイワシ丸干し 13Bq/kg

参照:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000015549.html

 

 

厚労省日報ダイジェスト8月15日(第706報)

 

※基準値超過なし

 

岩手県・牛肉178検体 うち1件 48Bq/kg

岩手県・原乳12検体 いずれもGe2.3~2.9Bq/kg未満

茨城県・玄米7検体 いずれもGe8.1~9.0Bq/kg未満

栃木県那須塩原市・メロン 2.6Bq/kg(NaI測定)

栃木県・CS原乳3検体 いずれもGe2.7~3.5Bq/kg未満

千葉県・米7検体 いずれもGe7.3~10Bq/kg未満

千葉県松戸市(江戸川)・ニホンウナギ2検体 43および92Bq/kg

千葉県銚子市(利根川)・スズキ3検体 いずれもGe4.8~7.3Bq/kg

東京都江戸川区・ウナギ19検体 うち3件 5.9~8.6Bq/kg

神奈川県・原乳 Ge1.4Bq/kg未満

千葉県房総沖・流通品マアジ 1.7Bq/kg

宮城県・流通品三陸南部沖 マコガレイ 0.84Bq/kg

福島県・流通品サクランボ Ge1.3Bq/kg未満

産地不明・流通品味噌2検体 うち1件 0.55Bq/kg

参照:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000015676.html