2013年

7月

17日

厚労省日報ダイジェスト7月17日(第685報)

7月17日は、基準値超過の報告はありませんでしたが、栃木県産

牛肉68検体のうち2検体から26および34Bq/kgの検出がありま

した。岩手県産牛肉225検体のうち2件に11および14Bq/kgの

検出が報告されています。また、宮城県ではジャガイモと梅から

6Bq/kg強の検出がありましたが、どちらもセシウム134のみの検出と

なっており、NaIシンチレーション検出器による誤検出の可能性もある

かもしれません。一方、京都府でも千葉県産流通品ジャガイモ群馬県

産キャベツが検査され、こちらはゲルマニウム検出器で0.5Bq/kg以下

の微量が検出されました。

 

厚労省日報ダイジェスト7月17日(第685報)

 

※基準値超過なし

 

宮城県・流通品アナゴ 0.75Bq/kg

宮城県・流通品カツオ 1.2Bq/kg

北海道・流通品カレイ 1.2Bq/kg

岩手県・牛肉225検体 うち2件 11および14Bq/kg

岩手県・ブルーベリー4検体 いずれもGe9.8~17Bq/kg未満

宮城県丸森町・タケノコ4検体 すべて15~95Bq/kg

宮城県・ヒラメ8検体 すべて6.3~20Bq/kg

宮城県・スズキ2検体 18および26Bq/kg

宮城県・その他海産物19検体 うち11件 0.42~12Bq/kg

宮城県・アユ9検体 うち8件 4.7~36Bq/kg

宮城県・ジャガイモ 6.3Bq/kg(NaI)

宮城県・ウメ 6.4Bq/kgz(NaI)

茨城県・麦類10検体 いずれもGe9.5~11Bq/kg未満

群馬県・CS原乳4検体 いずれもGe1.8~2.0Bq/kg未満

千葉県・海産物4検体 うち1件 0.81Bq/kg

埼玉県・流通品レンコン 1Bq/kg

栃木県・牛肉68検体 うち2件 26および34Bq/kg

新潟県・モモ3検体 いずれもGe6.7~7.5Bq/kg未満

新潟県・ブドウ3検体 いずれもGe6.3~7.2Bq/kg未満

千葉県・ジャガイモ 0.62Bq/kg

群馬県・キャベツ 0.41Bq/kg

 

参照: http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000036s70.html

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    新楽大輔 (水曜日, 31 7月 2013 11:59)

    福島県の学校給食の野菜類食材が福島県産を使用する、つまり安全と思われる他県産のものを使わないということを国会前デモの時に福島県から来た方が話しておられました。風評被害を恐れての措置だそうです。これは事実の話なのでしょうか。そちらさまの守備範囲外のことかもしれませんが、もしも教えていただけたら有難いと思います。以上