2013年

6月

24日

厚労省日報ダイジェスト6月24・25日(第669・670報)

6月24日は基準値超過の報告もなく、検出は千葉県大多喜町

野生イノシシ肉18Bq/kgのみでした。千葉県北部産小麦

六条大麦など8検体が検査されましたが、いずれも11Bq/kg未満

の不検出となっております。

 

続いて6月25日は、茨城県沖コモンカスベから大幅な基準値超

520Bq/kg)が見つかりました。同日検査された他の2検体がそれぞ

8.7Bq/kgと11Bq/kg未満という結果から見ても、マダラ、クロダイ、

スズキ、コモンカスベなど、過去に基準値超過の見つかった種類の魚

は、個体によっては同様の危険があると思われます。また、海産物に

ついては明らかになっていないことも多く、セシウム以外の他の核種も

心配です。

 

厚労省日報ダイジェスト6月24日(第669報)

 

※基準値超過なし

千葉県・小麦5検体 いずれもGe9.3~11Bq/kg未満

千葉県・六条大麦3検体 いずれも10および11Bq/kg未満

千葉県大多喜町・イノシシ肉 18Bq/kg

参照:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r985200000358m8.html

 

 

厚労省日報ダイジェスト6月25日(第670報)

 

基準値超過1件
   No.174:茨城県産コモンカスベ(Cs:520Bq/kg)

北海道・流通品マダラ3検体 5.9~13Bq/kg

茨城県・コモンカスベ3検体 うち1件基準値超過(520Bq/kg)

 他1件 8.7Bq/kg

茨城県・マダラ6検体 うち3件 10~33Bq/kg

茨城県・スズキ2検体 うち1件 12Bq/kg

茨城県・ヒラメ5検体 うち4件 2~8.4Bq/kg

茨城県・その他海産物42検体 うち9件 0.47~14Bq/kg

茨城県涸沼・ウナギ13検体 うち7件 4.6~11Bq/kg

茨城県・霞ヶ浦(西浦)・ウナギ 36Bq/kg

千葉県・原乳2検体 Ge1.4および1.5Bq/kg未満

千葉県・ビンナガ 0.39Bq/kg、 カツオ 0.42Bq/kg

神奈川県・二番茶(飲用状態)4検体 うち1件 1.2Bq/kg

参照:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000035cbi.html