2013年

6月

03日

厚労省日報ダイジェスト6月3日(第654報)

6月3日は、岩手県平泉町野生ワラビから基準値超過(170Bq/kg)

が検出されました。平泉町では、今年3月にフキノトウから83Bq/kgが

検出されましたが、基準値以下であった為、その他の山菜類については

これまで特に徹底した検査などはされていなかったようです。野生キノコ

については昨年秋に590Bq/kgもの値が検出されており、出荷停止措置

がとられています。江東区は、流通品茨城県産麦茶から20Bq/kgの検出

を報告しています。なお、この麦茶をお湯で煮出した「飲用状態」にすると

1Lあたりの数値は0.35Bq/kgほどになるのではないかと思われます。

 

厚労省日報ダイジェスト6月3日(第654報)

 

 基準値超過1件
 No.11:岩手県産ワラビ(Cs:170 Bq/kg)

 

岩手県一関市・菌床シイタケ 17Bq/kg

岩手県平泉町・野生ワラビ 基準値超過(170Bq/kg)

宮城県・牛肉853検体 うち1件 26Bq/kg

秋田県湯沢市・コシアブラ 12Bq/kg

秋田県十和田湖・ワカサギ Ge9.5Bq/kg以下

秋田県・菌床ナメコ Ge9.9Bq/kg以下

山形県最上町・ゼンマイ 13Bq/kg

茨城県・流通品牛乳3検体 いずれもGe2.7~2.9Bq/kg以下

千葉県沖・ビンナガ Ge0.9Bq/kg以下、 カツオ Ge0.95Bq/kg以下

茨城県・流通品麦茶 20Bq/kg

 

参照:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000033l0a.html