2013年

5月

15日

厚労省日報ダイジェスト5月15日(第640報)

5月15日は、岩手・宮城両県の山菜やタケノコから基準値

超過(最大290Bq/kg)が報告されました。宮城県沖マダラ

やスズキなどにも20Bq/kg前後の数値がみられ、クロダイ

らは最大で77Bq/kgが検出されています。

流通品では、群馬県産生めん2検体のうち1検体から7.2Bq/kg

同県産ナメコから11Bq/kgが報告されました。生めんからの検出

は、北関東産の小麦粉によるものと推測されます。

牛肉は、宮城県産627検体のうち6検体から、26~47Bq/kgが、

福島県産65検体のうち1検体から28Bq/kgが検出されています。

 

厚労省日報ダイジェスト5月15日(第640報)

 

基準値超過(4件)
No.285:岩手県産コシアブラ(Cs:290Bq/kg)
No.909:宮城県産コシアブラ(Cs:110Bq/kg)
No.912、923:宮城県産タケノコ(2)(Cs:110、120Bq/kg)

 

青森県三沢沖・マダラ2検体 それぞれ3.3Bq/kg

岩手県遠野市・野生コシアブラ 基準値超過(290Bq/kg)

岩手県遠野市・野生コゴミ 19Bq/kg

宮城県・牛肉627検体 うち6件 26~47Bq/kg

宮城県大崎市・コシアブラ 基準値超過(110Bq/kg)

宮城県大崎市・タラノメ2検体 うち1件 15Bq/kg

宮城県丸森町・タケノコ12検体 うち1件 基準値超過(120Bq/kg)

 その他9件 13~85Bq/kg

宮城県白石市・タケノコ 基準値超過(110Bq/kg)

宮城県登米市・タケノコ 30Bq/kg

宮城県東松島市浜市沖・クロダイ13Bq/kg

宮城県・マダラ2検体 13および23Bq/kg

宮城県・スズキ7検体 うち6件 6.1~26Bq/kg

宮城県・クロダイ2検体 13および77Bq/kg

宮城県亘理町・ヤマトシジミ 8.1Bq/kg

宮城県・ヒガンフグ3検体 すべて10~36Bq/kg

宮城県・その他海産物10検体 うち8件 0.6~19Bq/kg

宮城県江合川支流寒湯沢 イワナ 54Bq/kg

宮城県大和町・ワラビ 20Bq/kg

宮城県気仙沼市・ワラビ 50Bq/kg

山形県長井市・ツキノワグマ肉 17Bq/kg

群馬県・CS原乳2検体 Ge1.6および1.7Bq/kg以下

群馬県・流通品生めん2検体 うち1件 7.2Bq/kg

千葉県・流通品キンメダイ 0.77Bq/kg

茨城県・流通品レンコン 5.7Bq/kg

茨城県・流通品菌床シイタケ 13Bq/kg

茨城県・流通品サツマイモ 3.5Bq/kg

福島県・牛肉65検体 うち1件 28Bq/kg

群馬県・流通品ナメコ 11Bq/kg

新潟県魚沼市・コゴミ 14Bq/kg タラノメ 4.5Bq/kg

千葉県・流通品サバ 0.48Bq/kg

宮城県亘理町・流通品ヒラメ 4.4Bq/kg

 

参照:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000031zdv.html