2013年

4月

30日

厚労省日報ダイジェスト4月30日(第631報)

4月30日は、岩手県産牛肉9検体から、10~25Bq/kgの検出が

ありました。最大値の25Bq/kgは測定機器の検出限界値ギリギリ

の値であるため、時間をかけて再検査すればもう少し低かった可能

性もあると思います。検出の割合は全検査数202に対して4%ほど

となっています。同県産原乳からも、12検体のうち1件から1.9Bq/kg

が検出されました。

海産物は、本州太平洋沖のマダラから最大50Bq/kgスズキから

35Bq/kgが検出されています。

農産物では、仙台市で流通していた茨城県産レンコンから33Bq/kg

が検出されました。

 

厚労省日報ダイジェスト4月30日(第631報)

 

※基準値超過なし

 

岩手県・牛肉202検体 うち9件 10~25Bq/kg

岩手県・原乳12検体 うち1件 1.9Bq/kg

岩手県遠野市 野生コゴミ 10Bq/kg

茨城県・流通品レンコン 33Bq/kg

茨城県・マダラ6検体 うち5件 7~50Bq/kg

茨城県・スズキ 35Bq/kg

茨城県・その他海産物19検体 うち11件 2.1~15Bq/kg

茨城県・ウナギ2検体 7.7および13Bq/kg

茨城県・牛肉247検体 うち1件 12Bq/kg

千葉県・スズキ2検体 うち1件 2.4Bq/kg

千葉県・マイワシ2検体 Ge0.95~1.0Bq/kg以下

千葉県・マコガレイ 1.3Bq/kg

千葉県・マサバ 0.49Bq/kg

静岡県南伊豆町・タケノコ 1.9Bq/kg

 

参照:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000030zu4.html