厚労省日報ダイジェスト4月23日(第627報)

4月23日は千葉県から、引き続きまとまった量のタケノコ検査報告が

ありました。基準値超過(110Bq/kg)は白井市のものでしたが、他にも

印西市98Bq/kgが見つかっています。また、流山市、鎌ヶ谷市など

県北部の地域でも数値が高めです。

海産物茨城県沖の検査結果が多数報告されました。マダラやスズキ

など、以前より数値が高い傾向にある魚は引き続き注意が必要です。

この日はマダラ54Bq/kg、スズキ36Bq/kgが確認されました。

 

厚労省日報ダイジェスト4月23日(第627報)

 

基準値超過(1件)
    No.833:千葉県産タケノコ(Cs:110 Bq/kg)

 

茨城県・マダラ9検体 うち8件 5.8~54Bq/kg

茨城県・ヒラメ5検体 すべて2~14Bq/kg

茨城県・スズキ4検体 すべて27~36Bq/kg

茨城県・コモンカスベ3検体 うち2件 20および21Bq/kg

茨城県・その他海産物36検体 うち13件 3.2~33Bq/kg

千葉県・タケノコ32検体 うち1件基準値超(110Bq/kg)

 他すべて4~98Bq/kg

千葉県木更津市・イノシシ肉2検体 18および21Bq/kg

山形県・流通品ナメコ 5.2Bq/kg

山梨県南部市・野生ワラビ 17Bq/kg

 

参照:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000030gyt.html