2013年

4月

03日

厚労省日報ダイジェスト4月3日・4日(第613・614報)

4月3日は、北茨城市沖のマダラ6検体のうち1検体から、

基準値超過(110Bq/kg)が見つかりました。他の検体すべて

からも12~69Bq/kgが検出されています。他にも、クロダイ、

コモンカスベ、スズキなどから高めの数値が検出されていま

す。

 

4月4日は宮城県大豆が435件検査され、うち4検体から

基準値の1.8および1.9倍もの数値が検出されました。

また、残りの検体ほぼ全てからも4.0~86Bq/kgの検出があり、

その65%にあたる282件が30Bq/kg以上となっています。

こうした「基準値未満」の大豆が、味噌、豆腐、醤油、きな粉など

の加工品原料として次々と、そして長期にわたって流通していく

のは、とても気がかりです。

 

厚労省日報ダイジェスト4月3日(第613報)

 

基準値超過(1件)
  No.143:茨城県産マダラ(Cs:110 Bq/kg)

 

茨城県・イシガレイ5検体 うち4件 4.4~41Bq/kg

茨城県・クロダイ 20Bq/kg

茨城県・コモンカスベ4検体 7.5~55Bq/kg

茨城県・スズキ3検体 10~50Bq/kg

茨城県・ヒラメ7検体 うち5件2.2~14Bq/kg

茨城県・マダラ6検体 うち1件基準値超過(110Bq/kg)

 5件 12~69Bq/kg

茨城県・他海産物31検体 うち11件 5.1~18Bq/kg

茨城県・流通品サツマイモ 3.2Bq/kg

参照:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002z12t.html

 

 

厚労省日報ダイジェスト4月4日(第614報)

 

 基準値超過(4件)
No.528~No.530、No.713:宮城県産大豆(4)
(Cs:180 Bq/kg、180 Bq/kg、190 Bq/kg、180 Bq/kg)

 

岩手県・原乳12検体 うち1件 1.4Bq/kg

岩手県・牛肉303検体 うち6件 10~27Bq/kg

宮城県・大豆435検体 うち4件基準値超(最大190Bq/kg)

428件 4.0~86Bq/kg

宮城県・マダラ2検体 22および24Bq/kg

宮城県・スズキ 59Bq/kg

宮城県・イカナゴ5検体 すべて1.1~4.5Bq/kg

宮城県・その他海産物14検体 うち2件 0.98および7.2Bq/kg

栃木県那須町・マーシュ(ハウス栽培) 5.8Bq/kg

群馬県・渓流魚10検体 うち1件 8.9Bq/kg

千葉県・タケノコ9検体 すべて2.5~17Bq/kg

神奈川県・原乳 Ge0.38Bq/kg以下

静岡県・セロリ 流通品Ge0.8Bq/kg以下

茨城県・ミズナ 流通品Ge0.86Bq/kg以下

栃木県・ゴボウ 流通品Ge0.84Bq/kg以下

参照:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002z0x2.html