2013年

3月

29日

厚労省日報ダイジェスト3月29日(第610報)

3月29日は、岩手県・千葉県(茂原市と鴨川市)のシイタケ

検査されましたが、数値は最大で24Bq/kgと、比較的安定して

います。群馬県ではイワナやヤマメなどの渓流魚が検査され、

中之条町の河川に高めの数値が多く見られました。最大値

上沢渡川100Bq/kgです。農産物では、茨城県、群馬県産

ホウレンソウから、それぞれ4.5Bq/kg、1.1Bq/kgが検出されて

います。

流通品では大阪府で検査された長野県製造の米ミソから

16Bq/kgが検出されています。原因は原料が他県産であった

可能性も考えられますが、周囲の品目の限界値も軒並み

16Bq/kgであるため、単に誤植であるかもしれません。週末の

ため確認が取れず申し訳ありません。

 

厚労省日報ダイジェスト3月29日(第610報)

 

基準値超過(1件)
 No.245:群馬県産ワカサギ(Cs:160 Bq/kg)

 

青森県・マダラ 12Bq/kg

岩手県・菌床シイタケ2検体 Ge17および18Bq/kg以下

岩手県・原木シイタケ12検体 うち10件 12~24Bq/kg

岩手県・スケトウダラ3検体 いずれもGe7.1~10Bq/kg以下

岩手県・マダラ12検体 うち9件 0.95~25Bq/kg

岩手県・その他海産物26検体 うち1件 25Bq/kg

岩手県稗貫川水系・ウグイ 30Bq/kg

宮城県・スズキ 22Bq/kg

宮城県・ヤマメ3検体 すべて18および26Bq/kg

宮城県・ヒガンフグ5検体 うち1件 8.9Bq/kg

宮城県・ヒラメ 3Bq/kg

宮城県・カレイ類 1.6および2.8Bq/kg

茨城県・春番茶(飲用)6検体 うち3件 0.6~1.5Bq/kg

茨城県・CS原乳3検体 いずれもGe2.8および3.0Bq/kg以下

群馬県・渓流魚14検体 うち7件 12~100Bq/kg

群馬県赤木大沼・ワカサギ 基準値超過 160Bq/kg

千葉県・シイタケ3検体 10~20Bq/kg

千葉県・タケノコ5検体 すべて12~21Bq/kg

 

 参照:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002ypsv.html