2013年

3月

22日

厚労省日報ダイジェスト3月22日(第605報)

3月22日は、千葉県産原木シイタケから再び基準値超過が報告

されました。最大値は120Bq/kgです。岩手県でも原木シイタケ

11検体が検査され、うち7件から検出がありました。最大値

41Bq/kgと高めですが、その1検体の他はすべて20Bq/kg以下

となっています。

文末リンクの厚労省日報の検体通し番号329からは目黒区による

流通品検査結果が多数報告されています。NaIシンチレーション測定

器を用いているので精度はゲルマニウムに比べ粗いですが、白米を

含め多くの品目が検査されていますので、日々の選択の参考になると

思います。

 

厚労省日報ダイジェスト3月22日(第605報)

 

基準値超過(2件)
  No. 302:千葉県産シイタケ(Cs:120 Bq/kg)
  No. 303:千葉県産シイタケ(Cs:110 Bq/kg)

 

青森県・マダラ3検体 すべて7.4~16Bq/kg

岩手県・マダラ8検体 うち6件 1.8~22Bq/kg

岩手県・その他海産物17検体 いずれもGe9.0~15Bq/kg以下

岩手県稗貫川水系・ウグイ 18Bq/kg

岩手県砂鉄川水系・ウグイ2検体 24および48Bq/kg

岩手県・原木シイタケ11検体 うち7件 7.2~41Bq/kg

宮城県・原乳5検体 いずれもGe1.7~2.3Bq/kg以下

宮城県・ネズミザメ 7.6Bq/kg

茨城県・マダラ6検体 すべて7~34Bq/kg

茨城県・アカエイ2検体 4.5および49Bq/kg

茨城県・その他海産物16検体 うち8件 2.4~14Bq/kg

茨城県花川水沼ダム上流・ヤマメ 39Bq/kg

茨城県八溝川・ヤマメ 14Bq/kg

茨城県常総市・春番茶3検体 Ge0.8および1.0Bq/kg以下

茨城県八千代町・春番茶3検体 Ge0.8~1.2Bq/kg以下

栃木県黒川・ウグイ 9.9Bq/kg

栃木県日光市・菌床シイタケ 8.6Bq/kg

栃木県日光市・菌床ヒラタケ 16Bq/kg

栃木県大田原市・春番茶(飲用)4検体 うち3件 0.8~1.1Bq/kg

埼玉県・原木シイタケ3検体 9.4~23Bq/kg

埼玉県・乾シイタケ 20Bq/kg

埼玉県・CS原乳2検体 0.4および0.6Bq/kg以下

千葉県・露地原木シイタケ2検体 基準値超過(110および120Bq/kg)

千葉県睦沢町・タケノコ 36Bq/kg

新潟県魚野川・ウグイ 11Bq/kg

 

参照:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002y360.html