厚労省日報ダイジェスト3月18日(第602報)

3月18日は、千葉県産野生イノシシ肉から2件の基準値超過

報告されました。他の1件も73Bq/kgと、千葉県に限らず関東圏

の野生イノシシは数値が非常に高く出る傾向にあります。群馬県

では原木シイタケ3検体のうち2検体が10Bq/kg、1検体が

48Bq/kgという検査結果でした。原木の入れ替えを行っているところ

と、そうでないところがあるのでしょうか。原料産地が静岡県

流通品煎茶からは13Bq/kgが検出されましたが、これは(飲用状態)

の注釈がありませんでしたので、恐らく茶葉のままで測定された

ものと思われます。ちなみに、お茶は水出しのほうがセシウムが

溶け出しにくいそうです。その他では、静岡県で流通していた煎餅

から3.5Bq/kgが検出されています。原料となったうるち米が気に

なるところです。

 

厚労省日報ダイジェスト3月18日(第602報)

 

 基準値超過(2件)
  No. 1,735:千葉県産イノシシ肉(Cs:130 Bq/kg)
  No. 1,736:千葉県産イノシシ肉(Cs:260 Bq/kg)

 

青森県・マダラ3検体 うち2件 4.9~12Bq/kg

宮城県・牛肉1244検体 うち3件 30および36Bq/kg

三重県(原料産地 静岡県)・流通品煎茶 13Bq/kg

茨城県・野生イノシシ肉2検体 8.1および50Bq/kg

群馬県・原木シイタケ3検体 10および48Bq/kg

群馬県・菌床シイタケ2検体 17および18Bq/kg

千葉県・原乳4検体 いずれもGe1.4~1.6Bq/kg以下

千葉県・野生イノシシ肉3検体 うち2件基準値超過(最大260Bq/kg)

 他 73Bq/kg

栃木県・牛肉110検体 いずれも限界値25Bq/kg以下

茨城県・流通品レンコン2検体 うち1件 4.4Bq/kg

静岡県・流通品煎餅 3.5Bq/kg

静岡県・流通品緑茶 Ge1.2Bq/kg以下

秋田県・流通品精米 Ge2.3Bq/kg以下

岩手県・流通品精米 Ge2.2Bq/kg

山形県・流通品精米2検体 Ge2.4および2.9Bq/kg以下

静岡県・流通品ミカン 4.6Bq/kg

 

参照:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002xoom.html