2013年

3月

08日

厚労省日報ダイジェスト3月8日(第596報)

さて、3月8日は、群馬県野生鳥獣肉3種4検体から基準値

超過が報告されました。原木シイタケは岩手県と関東圏が逆転し、

この日は埼玉県の原木シイタケから40および45Bq/kgが検出さ

れています。岩手県最大値29Bq/kgも決して低い数値ではあり

ませんが、千葉県の基準値超過や神奈川県でも50Bq/kg近い数

値が報告されていることなどを考え合わせると、何か兆候のような

ものが見え始めたように感じられます。

マダラは最大で39Bq/kg(流通品)と、引き続き高めの数値です。

また、同じく流通品の煮豆(大豆)2検体のうち1検体から、11.8Bq/kg

が検出されました。製造工場は埼玉県ですが、大豆の産地も同じと

は限りません。大豆は様々な食品に加工され、長い期間流通します

ので、特に乳幼児に与える際には産地の確認をしっかりと行ってい

ただきたく思います。

 

厚労省日報ダイジェスト3月8日(第596報)

 

 基準値超過(4件)
 No.349:群馬県産ニホンジカ肉(Cs:220 Bq/kg)
 No.353:群馬県産ヤマドリ肉(Cs:140 Bq/kg)
 No.357、358:群馬県産イノシシ肉(Cs:150、170 Bq/kg)

 

岩手県・マダラ11検体 うち7件 4.5~27Bq/kg

岩手県北上川本流・ウグイ2検体 うち1件 30Bq/kg

岩手県稗貫川水系・ウグイ 4.8Bq/kg

岩手県・牛肉165検体 うち2件 12および15Bq/kg

岩手県・ハウス原木シイタケ15検体 うち13件 12~29Bq/kg

岩手県・流通品マダラ 39Bq/kg

宮城県・原乳5検体 いずれもGe1.8~2.3Bq/kg以下

宮城県・菌床ナメコ 3.3Bq/kg

宮城県・マダラ2検体 16および29Bq/kg

宮城県・ヤマメ2検体(五福谷川、内川/丸森町)32および34Bq/kg

群馬県・ニホンジカ3検体 うち1件基準値超過( 220Bq/kg)

 他1件 73Bq/kg

群馬県・キジ7検体 うち2件 12および15Bq/kg

群馬県・ヤマドリ2検体 うち1件基準値超過(140Bq/kg)

 他 24Bq/kg

群馬県・イノシシ2検体 共に基準値超過(150および170Bq/kg)

群馬県・渓流魚8検体 うち5件 13~29Bq/kg

埼玉県・ハウス原木シイタケ2検体 40および45Bq/kg

埼玉県・CS原乳2検体 Ge0.42および0.68Bq/kg以下

埼玉県・ニホンジカ 16Bq/kg

産地不明・流通品煮豆(大豆)2検体 うち1件 11.8Bq/kg

栃木県・野生フキノトウ 29Bq/kg

千葉県・柑橘類15検体 うち9件 4.4~19Bq/kg

東京湾・スズキ 2.6Bq/kg

神奈川県・原乳 Ge0.38Bq/kg以下

岩手県・流通品ヒラメ 3Bq/kg

宮城県・流通品タラ 11.4Bq/kg

茨城県・流通品レンコン 9.8Bq/kg

千葉県・流通品アジ 5.3Bq/kg

 

参照: http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002wzfz.html