2013年

3月

07日

厚労省日報ダイジェスト3月7日(第595報)

3月7日は、千葉県産原木シイタケから基準値超過が2件報告

され、その他の検体からも90、57Bq/kgと高い数値が検出されて

います。千葉県では今年1月にも、成田市の直売所で販売された

乾シイタケから基準値の3倍以上ものセシウムが検出され、県が

成田市に対して回収の指示を出したばかりでしたが、今回は昨年

までと同様、県のホームページに検査結果を掲示するのみの対応

となっています。県内広域にわたる深刻な台木汚染を軽減させるた

め、新しい台木への交換の促進や補助などの早急な対策が望まれ

ます。

 

厚労省日報ダイジェスト3月7日(第595報)

 

 基準値超過(2件)
 No.183、184:千葉県産原木シイタケ(Cs:130、150 Bq/kg)

 

岩手県・原乳12検体 うち1件 0.99Bq/kg

福島県郡山市・流通品牛乳2検体 Ge3.1および3.3Bq/kg以下

茨城県・CS原乳3検体 Ge1.05~1.21Bq/kg以下

栃木県・ハウスイチゴ6検体 いずれもGe3.6~4.4Bq/kg以下

栃木県・CS原乳3検体 Ge2.3~3.2Bq/kg以下

栃木県・流通品牛乳4検体 Ge2.4~3.5Bq/kg以下

千葉県・露地原木シイタケ5検体 うち2件基準値超過(最大150Bq/kg)

 3件 すべて27~90Bq/kg

東京湾・スズキ 2.2Bq/kg

千葉県印旛沼・水産物3検体 うち2件 15および34Bq/kg

茨城県・流通品サツマイモ3検体 うち1件2Bq/kg(他 5Bq/kg以下)

 

参照:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002wvi2.html