2013年

3月

06日

厚労省日報ダイジェスト3月6日(第594報)

3月6日は、再び宮城・茨城両県で同時期に捕獲された

海産物の検査結果が公表されています。マダラは引き続き

高めの数値が検出され、宮城県綱地島沖では83Bq/kg

報告されています。また、文末厚労省日報リンクの検体通し

番号1196からは、横須賀市や新潟県の流通品検査結果を

見ることができます。

 

厚労省日報ダイジェスト3月6日(第594報)

 

※基準値超過なし

 

北海道・流通品マダラ4検体 うち3件 3.4~18Bq/kg

青森県・マダラ 0.67Bq/kg

岩手県・牛肉70検体 いずれも限界値25Bq/kg以下

宮城県・マダラ2検体 13および83Bq/kg

宮城県・ヒラメ2検体 6.8および17Bq/kg

宮城県・その他海産物10検体 いずれもGe0.9~25Bq/kg以下

茨城県・マダラ9検体 うち8件 9.5~44Bq/kg

茨城県・カレイ類9検体 うち6件 4.6~37Bq/kg

茨城県・コモンカスベ4検体 すべて9.8~87Bq/kg

茨城県・スズキ3検体 すべて12~34Bq/kg

茨城県・ヒラメ7検体 2.8~11Bq/kg

茨城県・その他海産物22検体 うち9件 1.3~40Bq/kg

群馬県・原乳3検体 いずれもGe1.7~2.0Bq/kg以下

群馬県長野原町・流通品牛乳 Ge1.2Bq/kg以下

群馬県太田市・流通品牛乳 Ge1.2Bq/kg以下

千葉県沖・ビンナガ 1.1Bq/kg

千葉県沖・メバチ 0.49Bq/kg

新潟県・ノウサギの肉 4.5Bq/kg

長野県・原乳4検体 2.0~2.4Bq/kg以下

 

参照:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002wrad.html