2013年

3月

01日

厚労省日報ダイジェスト3月1日(第591報)

3月1日は、久しぶりに栃木県キノコ類の検査結果が多く報告

されています。まだ殆どの検体からセシウム検出がありますが、

最大値菌床シイタケの31Bq/kgと、全体的な数値は低くなって

きている印象です。もう一歩踏み込んだ改善策がなされれば、より

安心できる数値に近づくことと思います。一方、関東他県では台木

の入れ替えなどの対策が生産者任せになるなど、対応が遅れてい

るところも多々あるように見受けられます。キノコ全般の安心までに

は、残念ながらもうしばらくかかりそうです。

千葉県では柑橘類が多く検査され、木更津市や君津市のものから

比較的高めの値が検出されています。静岡県ではゲルマニウム検

出器による精密な食品検査が行われ、野菜や原乳から

0.1Bq/kg以下の検出が報告されています。Cs-134も検出されてい

ることから、これらは2011年の原発事故の影響と推測されるでしょう。

 

厚労省日報ダイジェスト3月1日(第591報)

 

 基準値超過(1件)
  No.911:宮城県産ヤマメ(Cs:190Bq/kg)

 

北海道・流通品マダラ5検体 すべて1.5~8.0Bq/kg

北海道・流通品スケトウダラ2検体 Ge0.92および0.98Bq/kg以下

宮城県・ヤマメ3検体 うち1件 基準値超過(190Bq/kg)

 他2件 38および47Bq/kg

宮城県・アイナメ 21Bq/kg

宮城県・イシガレイ 25Bq/kg

宮城県・ホタテ Ge9.0Bq/kg以下

宮城県・サメ類4検体 うち3件 1.4~4.5Bq/kg

栃木県・ハウス菌床シイタケ22検体 うち18件 4.2~31Bq/kg

栃木県・ハウス原木シイタケ4検体 すべて13~29Bq/kg

栃木県・ハウス菌床マイタケ5検体 すべて12~20Bq/kg

栃木県・その他ハウス菌床キノコ類6検体 すべて2.5~20Bq/kg

埼玉県・ハウス原木シイタケ 25Bq/kg

埼玉県越生町・フキノトウ 2.4Bq/kg

埼玉県・CS原乳2検体 0.33および0.49Bq/kg

千葉県・流通品ヤリイカ、ホウボウ それぞれGe9.4Bq/kg以下

茨城県・流通品ショウサイフグ Ge8.0Bq/kg以下

千葉県市原市・夏ミカン3検体 うち1件 4.5Bq/kg

千葉県睦沢町・ハッサク 11Bq/kg

千葉県館山市・ハッサク 4.5Bq/kg

千葉県木更津市・甘夏2検体 5.8および14Bq/kg

千葉県君津市・甘夏、ハッサク 17および23Bq/kg

千葉県富津市・甘夏3検体 うち1件 5.3Bq/kg

千葉県大多喜町・野生イノシシ肉2検体 20および22Bq/kg

千葉県与田浦・水産物3検体 うち2件 6.3および16Bq/kg

千葉県印旛沼・水産物2検体 16および31Bq/kg

神奈川県・ハウス菌床シイタケ 5.7Bq/kg

神奈川県・ハウス原木シイタケ 46Bq/kg

神奈川県・露地原木シイタケ 29Bq/kg

静岡県・ダイコン3検体 うち2件 0.027および0.057Bq/kg

静岡県・タマネギ 0.034Bq/kg

静岡県・キャベツ 0.054Bq/kg

静岡県・原乳2検体 0.054および0.067Bq/kg

静岡県御前崎市周辺・海産物4検体 うち3件 0.059~0.33Bq/kg

 

参照: http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002wgih.html