厚労省日報ダイジェスト1月21日分

1月19日は、基準値超過などの目立った検出報告はありま

せんでした。マダラ37Bq/kgが最大値で、原乳からの検出は

岩手県の1.5Bq/kg 1件のみでした。一方、牛肉から10数Bq/kg

ほどの検出が多くありましたが、これらはいずれもCs-134と137

の比率がまちまちで、検出結果の表記も不安定です。

世田谷の市民測定所によると、測定に用いられたNaIシンチレー

ション検出器では天然放射性物質との分離が難しいという特徴や、

検出限界ギリギリの数値は確定が難しいことなどから、誤検出とい

う可能性も考えられるとのことでした。多くの機関が放射能測定を

行う今日では、それぞれの検出器の特性もよく知られるようになっ

てきました。公表される測定結果は消費行動へ繋がるということを

十分に認識し、不確定要素を含んだ値は測定時間を延長しての再

検査やゲルマニウム検出器でのクロスチェックなど、より真実へ近

づけるための努力が必要です。

 

厚労省日報ダイジェスト1月21日(第563報)

 

※基準値超なし

 

北海道・流通品マダラ 1.7Bq/kg

青森県・マダラ8検体 うち4件 0.55~37Bq/kg

岩手県・牛肉 うち1件 11Bq/kg

岩手県・原乳12検体 うち1件 1.5Bq/kg

秋田県・CS原乳2検体 1.1および1.2Bq/kg以下

秋田県・菌床ブナシメジ、菌床エリンギ Ge2.6および3.0Bq/kg以下

秋田県北秋田市・ソバ Ge1.8Bq/kg以下

秋田県仙北市・クリ Ge11Bq/kg以下

埼玉県・牛肉 うち3件 14Bq/kg

栃木県・牛肉 うち4件 13~16Bq/kg

青森県・牛肉 うち1件 13Bq/kg

群馬県・菌床シイタケ2検体 うち1件 19Bq/kg

千葉県・スズキ2検体 15および39Bq/kg

 

参照:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002ta3w.html