2012年

11月

28日

厚労省日報ダイジェスト11月28日(第531報)

11月28日は、茨城県海産物の検査結果が多く報告されました。

殆どの検体は30Bq/kgくらいまでに留まりましたが、一方では

スズキ600Bq/kgの検出もあり、原発付近の海産物には引き続き

注意が必要です。これまでの様子を見ていると、マダラ、カレイ類、

スズキ、クロダイなどに高い数値が見られるようです。

栃木県ではキノコ類の検査結果を多く報告しています。原木シイタ

1検体に基準値超過がありました(120Bq/kg)。シイタケやマイ

タケは菌床であっても数値が高めです。

流通品では、兵庫県産菌床シイタケから18Bq/kgの検出がありまし

た。同じく流通品の福島県産リンゴ22Bq/kgは、兵庫県からの報告

です。国産の生鮮食品が遠くまで運ばれていることに驚かされます。

 

厚労省日報ダイジェスト11月28日(第531報)

 

  基準値超過(2件)
  No. 320:茨城県産スズキ(1)(Cs:600 Bq/kg)
  No.369:栃木県産原木シイタケ(1)(Cs:120 Bq/kg)

 

青森県・マダラ6検体 うち3件 18~25Bq/kg

岩手県・牛肉127検体 うち1件33Bq/kg

宮城県・マダラ2検体 7.4および18Bq/kg

宮城県・その他天然海産物12検体 うち5検体 12~90Bq/kg

宮城県白石市・柿3検体 うち2件 32および38Bq/kg

宮城県丸森町・柿11検体 うち2件 37および42Bq/kg

宮城県・原木ヒラタケ 26Bq/kg

茨城県・カタクチイワシ4検体 うち1件のみGe測定 1.8Bq/kg

 その他NaI 限界値25Bq/kg以下

茨城県・マダラ3検体 すべて18~30Bq/kg

茨城県・ヒラメ9検体 うち6件 5~18Bq/kg

茨城県・マコガレイ4検体 すべて8.9~26Bq/kg

茨城県・マトウダイ4検体 うち2件4.6~2.8Bq/kg

茨城県・スズキ2検体 うち1件基準値超(600Bq/kg)

 他30Bq/kg

茨城県・ウナギ2検体 61および22Bq/kg

茨城県霞ヶ浦・水産物3検体 すべて22~36Bq/kg

栃木県・菌床シイタケ21検体 すべて5.4~38Bq/kg

栃木県・原木シイタケ3検体 うち1件基準値超(120Bq/kg)

 他2件 47および82Bq/kg

栃木県・菌床マイタケ4検体 すべて3.7~57Bq/kg

栃木県・菌床ナメコ5検体 うち3件 3.5~12Bq/kg

栃木県・菌床ブナシメジ 15Bq/kg

栃木県・菌床ヒラタケ 3.1~16Bq/kg

栃木県・ワサビ4検体 いずれもGe15~17Bq/kg以下

群馬県・キウイフルーツ4検体 うち2件 3.8~4.7Bq/kg

群馬県・CS原乳3検体 いずれもGe1.8~2.0Bq/kg

千葉県・スズキ 2.4Bq/kg

神奈川県・原乳 Ge1.1Bq/kg以下

兵庫県・流通品菌床シイタケ 18Bq/kg

福島県・流通品リンゴ 22Bq/kg

茨城県・流通品レンコン 6.2Bq/kg

高知県・カツオ Ge1.5Bq/kg以下

 

参照:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002prli.html