2012年

11月

06日

厚労省日報ダイジェスト11月6日(第515報)

11月6日は、引き続きキノコ類ソバからの検出報告が多く目立ちます。

栃木県のソバはやはり日光市のものが高く、13検体中9件が30Bq/kg以上

の値でした。流通品では、産地表記のない煮干から5.3Bq/kgが検出されてい

ます。小魚については含まれる核種がセシウムだけとは限らず、また、骨ごと

食べたり煮出したりなどしますので、検出されたセシウムの値のみで判断せず、

慎重に考えたいものです。また、福島県産精米1検体がゲルマニウム測定

1.6Bq/kg以下の不検出だったことは、よいニュースでした。長野県ソバと

大豆もそれぞれ8検体ずつの検査が報告され、どちらの品目も検出はありませ

でした。

 

厚労省日報ダイジェスト11月6日(第515報)


 基準値超過(1検体)
  No.3:岩手県産ヌメリイグチ(Cs:460 Bq/kg)

 
 注)野生キノコ。

岩手県・野生キノコ類 基準値超(460Bq/kg)

山形県・ナメコ2検体 うち1件 7.3Bq/kg

山形県・クリタケ3検体 うち1件 24Bq/kg

山形県・ムキタケ 15Bq/kg

茨城県・ソバ64検体 うち4件2.9~7.9Bq/kg

栃木県・ソバ40検体 うち19件 5~77Bq/kg

千葉県・原木シイタケ5検体 すべて1.8~65Bq/kg

千葉県銚子沖・海産物4検体 すべて0.84~2.4Bq/kg

東京都(販売者)・流通品煮干 5.3Bq/kg

福島県・流通品コメ(精米) Ge1.6Bq/kg以下

新潟県・流通品乾シイタケ(乾燥測定後、水戻し状態に換算) 4.2Bq/kg

長野県・ソバ8検体 いずれもGe6.3~8.9Bq/kg以下

長野県・原乳2検体 Ge2.0および2.1Bq/kg以下

長野県・大豆8検体 いずれもGe6.9~8.6Bq/kg以下

静岡県御前崎市・イセエビ 0.081Bq/kg

 

参照: http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002nsv8.html