2012年

10月

23日

厚労省日報ダイジェスト10月23日(第504報)

23日の日報は、野生キノコと鹿肉の基準値超過が報告されました。

マダラ最高値67Bq/kgと、まだまだ油断は出来ません。

宮城県では、他県で流通していた牛乳から2.1Bq/kgの検出が報告

されています。千葉県富津市のギンナンからは、11Bq/kgの検出が

ありました。

 

厚労省日報ダイジェスト10月23日(第504報)

 

基準値超過(3検体)
    No.325:埼玉県産ニホンジカ肉(Cs:820 Bq/kg)
    No.351:山梨県産シロナメツムタケ(Cs:150 Bq/kg)
    No.352:山梨県産ショウゲンジ(Cs:360 Bq/kg)

 

青森県・マダラ4検体 うち3件 23~67Bq/kg

青森県小川原湖・水産物4検体 いずれもGe12~14Bq/kg以下

青森県・川魚2検体 5.4および13Bq/kg以下

青森県・原乳3検体 いずれもGe6.3~7.1Bq/kg以下

岩手県・牛肉39検体 いずれも限界値25Bq/kg以下

岩手県・流通品アミタケ 46Bq/kg

宮城県・流通品牛乳 2.1Bq/kg

群馬県・牛肉49検体 いずれも限界値25Bq/kg以下

埼玉県秩父市・ニホンジカ 基準値超(820Bq/kg)

千葉県・露地原木シイタケ2検体 11および16Bq/kg

千葉県富津市・ギンナン 11Bq/kg

山梨県・野生キノコ類6検体 うち2件基準値超(最大360Bq/kg)

 他3件 18~45Bq/kg

群馬県・流通品キャベツ2検体 うち1件3Bq/kg

 

参照: http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002mmbp.html