2012年

10月

17日

厚労省日報ダイジェスト10月17日(第500報)

17日は、注目したい報告が複数ありました。

栃木県ソバは、検出3件のうち2件が40Bq/kg以上と高い数値です。

同じく栃木県玄米は、204検体の19%にあたる39検体から検出が報告

されましたが、そのうち半数以上は5Bq/kg以下でした。これらを精米する

場合、6割が米ぬかとして落とされ、ご飯茶碗軽く一杯分の生米が50~60g

と考えると、5Bq/kgの玄米を白米にして1膳食べた時の摂取量は、計算上

では0.05~0.06Bq/kgとなります。

前回不検出が並んだ群馬県コンニャク生芋も、今回は7検体のうち2検体

から、それぞれ10Bq/kg以下の検出が報告されました。また、千葉県産

マッシュルーム、長野県産エノキダケからそれぞれ1,8および1.0Bq/kgと、

ごく微量ではありますが検出があったことは新しい情報です。

宮城県の天然水産物では、40Bq/kg台の高い数値は、やはりスズキでした。

サンマは1Bq/kg以下の不検出です。牛肉は久しぶりに基準値超過の報告

がありました。

一朝一夕とはいきませんが、こうして細かな食品の測定データが蓄積される

ことにより、汚染状況が次第にはっきりとしてくることは、とても歓迎すべきこと

と思います。

 

厚労省日報ダイジェスト10月17日(第500報)

 

   基準値超過(5検体)
    No.64:岩手県産ハツタケ(Cs:3,000 Bq/kg)
    No.65:岩手県産コウタケ(Cs:110 Bq/kg)
    No.68:岩手県産原木ナメコ(Cs:150 Bq/kg)
    No.229:宮城県産ナラタケ(Cs:620 Bq/kg)
    No.586:宮城県産牛肉(Cs:150 Bq/kg)

 

岩手県・牛肉59検体 うち1件 12Bq/kg

岩手県・野生キノコ類6検体 うち2件基準値超(最大3000Bq/kg)

他すべて11~92Bq/kg

岩手県・露地原木ナメコ 基準値超(150Bq/kg)

岩手県・大豆37検体 うち6件3.1~8.6Bq/kg

宮城県・リンゴ4検体 うち1件 8.7Bq/kg

宮城県・天然水産物43検体 うち20件 0.48~45Bq/kg

宮城県・野生キノコ(ナラタケ) 基準値超(620Bq/kg)

宮城県・梅干 27Bq/kg

栃木県・ソバ13検体 うち3件5.7~41.9Bq/kg

栃木県・玄米204検体 うち39件 2.6~31Bq/kg

群馬県沼田市・ニンジン 3.5Bq/kg

群馬県・カキ2検体 うち1件 6.3Bq/kg

群馬県・リンゴ4検体 うち1件 3.5Bq/kg

群馬県・コンニャク生芋7検体 うち2件 2.6および9.6Bq/kg

群馬県・CS原乳3検体 いずれもGe1.6~2.0Bq/kg以下

埼玉県・野生キノコ類4検体 うち1件62Bq/kg

千葉県・海産物3検体 うち2件1.5および1.9Bq/kg

千葉県・マッシュルーム 1.8Bq/kg

宮城県・牛肉 基準値超(150Bq/kg)

岩手県・流通品マダラ 81Bq/kg

長野県・流通品エノキダケ 1Bq/kg

群馬県・流通品キャベツ 1Bq/kg

茨城県・流通品サツマイモ2検体 いずれもGe4.9および5.8Bq/kg以下

 

参照: http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002m6o6.html