2012年

10月

15日

厚労省日報ダイジェスト10月15日(第498報)

15日は北海道の流通品マダラから、基準値ギリギリの100Bq/kgという

衝撃的な数値が報告されています。この頃の自治体の検査では数ベク

レルから20ベクレル/kg台の数値で安定しているように見えましたが、

単に「見つかっていなかっただけ」と思われます。

一方、岩手県、群馬県の野生キノコ類からも440Bq、580Bq/kgといった

非常に高い数値が報告されていました。きのこ採りの習慣がある地域へ

の周知を徹底してほしいと思います。栽培されているものも同様で、群馬

県産原木シイタケからは93Bq/kgが検出されています。これからの季節

は鍋物も多くなりますが、マダラとキノコには注意が必要です。

 

厚労省日報ダイジェスト10月15日(第498報)

 

   基準値超過(3検体)
    No.73 :岩手県産アミタケ(Cs:580 Bq/kg)
    No.816:栃木県産ナメコ (Cs:150 Bq/kg)
    No.825:群馬県産ナラタケ(Cs:440 Bq/kg)

 

北海道・流通品スケトウダラ 0.46Bq/kg

北海道・流通品マダラ2検体 2.5および100Bq/kg

北海道・流通品サンマ Ge0.83Bq/kg以下

岩手県・牛肉83検体 うち3件11~32Bq/kg

岩手県・野生キノコ類2検体 うち1件基準値超(580Bq/kg)

茨城県・牛肉243検体 いずれも限界値25Bq/kg以下

栃木県・キウイフルーツ6検体 うち3検体 7.5~20Bq/kg

栃木県・原木ナメコ 基準値超(150Bq/kg)

栃木県・露地菌床マイタケ 29Bq/kg

群馬県・露地原木シイタケ2検体 39および93Bq/kg

群馬県・野生キノコ類2検体 うち1件基準値超(440Bq/kg)

千葉県・原乳4検体 いずれもGe1.8および1.9Bq/kg以下

千葉県東京湾・スズキ 2.9Bq/kg

茨城県柏市・流通品菌床シイタケ 23Bq/kg

千葉県・流通品牛肉 4.5Bq/kg

 

参照: http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002lxap.html