2012年

9月

20日

厚労省日報ダイジェスト9月20日(第482報)

9月20日は、岩手県牛肉およびコメが多く検査されていました。

祈るような気持ちでしたが、残念ながら牛肉4検体に最大43Bq/kg

コメ9検体に最大6.9Bq/kgの検出がありました。コメの産地は主に、

一関、平泉町です。品目に「米」とあるものの、形態は恐らく玄米だろ

うとのことですので、精米されて数値が低くなる可能性はありますが、

玄米またはそれに順ずる食べ方の場合には注意が必要です。

また、野生のものと思われますが、山中湖周辺のキノコ類から最大で

73Bq/kgの検出が報告されています。遠く離れていると思われる場所

でも、キノコ狩りの収穫物については十分に考慮されることをお勧めし

ます。なお、茨城県でもハウス栽培の原木シイタケから、最大61Bq/kg

が検出されています。原木シイタケについては、特に小さなお子さんの

食用については今後数年は警戒すべきでしょう。

 

 

厚労省日報ダイジェスト9月20日(第482報)

 

 基準値超過(1検体)
     No.120:宮城県産野生ツキノワグマ肉(Cs:370 Bq/kg)

 

北海道日高沖・マダラ Ge6.3Bq/kg以下

岩手県・牛肉64検体 うち4件10~43Bq/kg

岩手県・コメ66検体 うち9件2.7~6.9Bq/kg

宮城県・野生鳥獣肉3検体 うち1件基準値超(370Bq/kg)70および86Bq/kg

茨城県・玄米18検体 うち2件4.0および7.5Bq/kg

茨城県・CS原乳3検体 いずれもGe0.95~1.6Bq/kg以下

茨城県・ハウス原木シイタケ5検体 うち4件12~61Bq/kg

群馬県・CS原乳3検体 いずれもGe1.5~2.1Bq/kg以下

群馬県沼田市・サトイモ 2.3Bq/kg

群馬県沼田市・ダイコン、ホウレンソウ Ge3.5および4.5Bq/kg以下

埼玉県ときがわ町・ニホンジカ 12Bq/kg

千葉県・海産物6検体 うち4件1.2~4.4Bq/kg

千葉県・流通品24度産コメ Ge0.9Bq/kg以下

神奈川県・玄米3検体 いずれもGe5.0~7.0Bq/kg以下

神奈川県・原乳 Ge0.36Bq/kg以下

新潟県・流通品原木乾シイタケ Ge9.5Bq/kg以下

山梨県山中湖周辺・キノコ類5検体 すべて13~73Bq/kg

福島県・流通品モモ 4.7Bq/kg

長野県・流通品菌床シメジ Ge11Bq/kg以下

 

参照: http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002k6ay.html