2012年

8月

01日

厚労省日報ダイジェスト8月1日(第446報)

1日は、久しぶりに栃木県のキノコ類の検査結果が多数報告されました。

シイタケだけでなく、その他のキノコ類全般に注意が必要ということが確認できます。今までに報告されていた検体では比較的出にくいと思っていたブナシメジからも47Bq/kgが検出されています。野生のチチダケというキノコは東京ではあまり馴染みのない食材ですが、最大で3000Bq/kgという数値は驚愕です。

 

静岡県では原乳をとても丁寧に検査しており、微量の検出が認められたので

赤字となりましたが、消費の立場に重きを置いて情報を提供してくれることはとてもありがたいと感じます。

厚労省日報ダイジェスト8月1日(第446報)

 

基準値超過(4件)
    No.190193:栃木県産チチダケ(Cs1803000Bq/kg

 

岩手県・川魚8検体 うち6件 1156Bq/kg

宮城県・ブルーベリー14検体 うち4件 5.216Bq/kg

宮城県・海産物23検体 うち18件 0.5692Bq/kg

宮城県・ソバ3検体 いずれもGe4.24.9Bq/kg以下 

秋田県・CS原乳 1.0Bq/kg以下

栃木県・ハウス菌床シイタケ2検体 9.3および18Bq/kg

栃木県・野生チチダケ4検体 すべて基準値超(最大3000Bq/kg

栃木県・ハウス原木シイタケ16検体 すべて5.233Bq/kg

栃木県・ハウス菌床ナメコ3検体 うち113Bq/kg

栃木県・ハウス菌床ブナシメジ2検体 1.8および47Bq/kg

栃木県・ハウス菌床マイタケ5検体 うち45.055Bq/kg

栃木県・菌床キクラゲ4検体 うち22.2および3.3Bq/kg

群馬県・コムギ30検体 うち11.8Bq/kg

群馬県・六条大麦7検体 うち12.9Bq/kg

群馬県・CS原乳3検体 いずれもGe1.9Bq/kg以下

群馬県・牛肉55検体 いずれも限界値25Bq/kg以下

岩手県・牛肉15検体 いずれも限界値25Bq/kg以下

静岡県・原乳2検体0.020.045Bq/kg

 

 

参照: http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002gufy.html