2012年

7月

17日

厚労省日報ダイジェスト7月17日(第435報)

17日は、限界値50Bqの牛肉検査結果が大量に報告されていました。

北関東の根菜、葉物野菜、果菜などの検査も多く報告されていましたが、

いずれもゲルマニウムによる数ベクレル単位までの検査でも、検出は

ありませんでした。

静岡県は変わらず5Bq以下までの精度の牛肉検査を行っており、頼もしく

感じられます。

 

厚労省日報ダイジェスト7月17日(第435報)

 

 基準値超過(5検体)
   No.1,290:茨城県産ウナギ(Cs:120 Bq/kg)

 

北海道・流通品マダラ 13Bq

岩手県・海産物31検体 うち9件0.36~40Bq

岩手県・養殖イワナ 7.8Bq

岩手県・牛肉37検体 いずれも限界値25Bq以下

岩手県・タモギタケ 66Bq

茨城県・海産物37検体 うち32件2.3~72Bq

茨城県・川魚等4検体 うち1件基準値超、他2件7.1Bq、64Bq

茨城県・牛肉230検体 いずれも限界値25Bq以下

千葉県・CS原乳3検体 いずれもGe1.6~1.7Bq以下

千葉県・海産物6検体 うち4件0.73~5.4Bq

神奈川県・露地野菜14検体 いずれもGe3.7~6.8Bq以下

 

参照:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002fhwz.html