2012年

7月

04日

厚労省日報ダイジェスト7月4日(第427報)

4日は茨城県、宮城県の水産物に始まり、群馬県の流通品牛乳や発酵乳給食食材で時折見かけるモウカザメ等、気になる食材からの検出が多く報告されていました。柑橘類は南関東でも数値が高めに出る傾向にありましたが、千葉県産流通品夏みかんジャム39Bqがこれを裏付けているように思います。
また、この日は28件もの各産地の魚類ねり製品の検査が報告されましたが、検査結果が内訳表示なしの限界値25Bqと、とても残念です。ねり製品などの加工品は普段なかなか日報にあがらないので、もう少し時間をかけて詳細な検査をしていただきたいところです。
なお、牛肉の検査量があまりにも膨大なため、今回からは25Bq以下の不検出を報告するのは以前検出されたことのある産地のみとし、その他の産地は検出があった場合にのみお知らせいたします。

厚労省日報ダイジェスト7月4日(第427報)

 

基準値超過(2検体)
No.135:茨城県産イシガレイ(Cs:150 Bq/kg)
No.184:茨城県産アメリカナマズ(Cs:120 Bq/kg)

 

秋田県・CS原乳 Ge1.1Bq以下

宮城県・ブルーベリー 10Bq

宮城県・海産物20検体 うち12件5.4~90Bq

福島県いわき市・うどん、そば6検体 いずれもGe9.4~14Bq以下

茨城県・海産物62検体 うち1件基準値超、他46件Ge6.3~49Bq

茨城県・ウナギ2検体 どちらも27Bq、100Bq

茨城県霞ヶ浦・ワカサギ4検体 いずれも26~50Bq

茨城県霞ヶ浦・他淡水魚6検体 1件基準値超、他すべて20~100Bq

群馬県・ブルーベリー3検体 うち2件2.1Bq(川場村)~17Bq

群馬県・そば6検体 いずれも5.6~9.2Bq以下

群馬県CS原乳2検体 いずれもGe1.7~2.0Bq以下

群馬県・流通品牛乳3検体 うち1件5.7Bq(沼田市)

群馬県・流通品発酵乳3検体 うち1件16Bq

千葉県・海産物10検体 うち4件0.43~3.4Bq

茨城県・流通品レンコン Ge1.9Bq以下

千葉県・流通品夏みかんジャム34Bq

神奈川県・原乳 Ge0.34Bq以下

宮城県・牛肉 71検体 いずれも限界値25Bq以下

福島県・牛肉58検体 いずれも限界値25Bq以下 

茨城県・牛肉39検体 いずれも限界値25Bq以下

宮城県気仙沼・流通品ネズミザメ(モウカザメ) 9.3Bq

横浜市・ブルーベリー 2.2Bq

神奈川県・原乳Ge1.3Bq以下

岩手県・牛肉58検体 いずれも限界値25Bq以下

神奈川県・豚肉19検体 うち2件0.5Bq、0.8Bq

茨城県・豚肉3検体 すべて0.8~0.91Bq

千葉県・豚肉10検体 うち2件0.7Bq、0.8Bq

各産地・魚類ねり製品28検体 いずれも限界値25Bq以下

 

参照:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002eoda-att/2r9852000002eoh1.pdf