2012年

5月

24日

厚労省日報ダイジェスト5月24日(第398報)

岩手県は精度の高い検査を多数行ってくれていますが、残念ながら
今回の原乳も、12検体中6検体でセシウムが検出されています。
また、2枚貝やタコなどは、海産物での検出が目立つ茨城県沖のもの
でも1Bq以下の不検出が続いています。
千葉県沖では、ヒラメの数値が高めです。マイワシは1Bq以下までの
不検出が多くなり、カツオやブリなども検出されても数ベクレルまでと
なってきました。

厚労省日報5月24日(第398報)

 ※基準値超過(7検体)
  No.78:宮城県産イワナ(Cs:280 Bq/kg)
  No.79:宮城県産イワナ(Cs:120 Bq/kg)
  No.80:宮城県産イワナ(Cs:200 Bq/kg)
  No.81:宮城県産ウグイ(Cs:270 Bq/kg)
  No.235:茨城県産ウナギ(Cs:140 Bq/kg)
  No.244:茨城県産茶(飲用)(Cs:12 Bq/kg)
  No.245:茨城県産茶(飲用)(Cs:13 Bq/kg)

岩手県・原乳12検体 うち6件1.3~3.7Bq
岩手県・牛肉50検体 いずれも限界値25Bq以下
岩手県・ハウス菌床シイタケ5検体 うち1件11Bq
山形県・牛肉45検体 いずれも限界値25Bq以下
茨城県・CS原乳3検体 いずれもGe1.3~1.8以下
茨城県・イカナゴ稚魚2検体 5.8Bq、13Bq
茨城県・カタクチイワシ 5Bq
茨城県・シラス 1.1Bq
茨城県・マダラ5検体 21~51Bq
茨城県・その他海産物 貝類・タコを除く殆どで15~70Bqほどの検出あり
茨城県・茶(飲用)10検体 うち2件基準値超、他5.4~8.8Bq
群馬県・牛肉48検体 いずれも限界値25Bq以下
栃木県・牛乳3検体 いずれもGe3.1~3.4Bq以下
埼玉県・一番茶10検体 うち5検体2.6~3.9Bq (4件の流通品はGe1.2Bq以下)
千葉県・牛肉10検体 いずれも限界値25Bq以下
千葉県・ハウス原木シイタケ4検体 いずれも36~69Bq
千葉県・ヒラメ3検体 11~18Bq
千葉県・マイワシ Ge0.89Bq以下
愛知県・牛肉8検体 いずれも限界値25Bq以下
静岡県/山梨県・流通品牛乳 Ge4.0Bq以下
静岡県・流通品牛乳 Ge4.0Bq以下
島根県・牛肉17検体 いずれも限界値25Bq以下
徳島県・流通品乾燥シイタケ2検体 いずれもGe16Bq以下
長野県・流通品リンゴ Ge10Bq以下
北海道・流通品秋サケ切り身(冷凍) Ge7.9Bq以下
その他、限界値50Bq以下の牛肉多数